アーカイブ:4月30日 主なニュース

おはギャー!ございます~akiFXです。(まだがっつりポンド円、ユーロ円、捕まっております助けて~)

ライブ配信!

うーーーみんなの見てる前で~押せなかった…

急遽損切って!!!

わっはは~

【これまでの主なニュース】

■米GDP、1-3月速報値は6.4%増に加速-個人消費が記録的伸び
米国の1-3月(第1四半期)経済成長率が加速。個人消費の伸びが寄与し、総生産は新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)になる前の水準に近づいた。
米経済の最大部分を占める個人消費は10.7%増と、1960年代以降で2番目に大きな伸びとなった。
インフレ調整後のGDPは年率換算19兆1000億ドルとなり、パンデミック前のピークである19兆3000億ドル弱を間もなく上回る可能性を示唆した。
ワクチン接種の加速や雇用の拡大、連邦政府による複数回にわたる救済で家計の支出が増大。行動制限が大幅に撤廃され、消費者需要の裾野が広がり、旅行やレジャーなど長らく低迷していたサービスへの支出が増えた。
レストランや航空券の予約など高頻度データは既に、経済の急速な回復を裏付けている。
政府支出は年率6.3%増と、2002年以来の大幅な伸び。連邦政府の景気刺激策を反映している。国防を除く歳出は年率で1963年以来の高い伸びを示した。
設備投資と住宅投資の強さも経済成長に寄与した。設備投資は機器と知的財産がけん引役となり、年率9.9%増加。住宅投資は10.8%増えた。
~純輸出と在庫
家計と企業の力強い支出により、在庫が減少、輸入への需要が強まった。在庫と輸入は第1四半期の経済成長を抑制。財とサービスの純輸出はGDPに0.87ポイントのマイナス寄与となり、在庫の変化はマイナス2.64ポイントの寄与。
GDPから純輸出と在庫を除いた最終需要は10.6%増に加速した。
エネルギーと食品を除いたコアの個人消費支出(PCE)価格指数は年率2.3%上昇。前四半期は1.3%上昇だった。
可処分所得は過去最高の伸びを示し、年率換算で19兆6000億ドルとなった。昨年12月と今年3月に議会を通過した経済対策により、多くの家計が直接給付を受け、失業保険の上乗せ給付が再開された。

■バイデン政権100日、施政方針 「中国との競争勝ち抜く」
バイデン米大統領は二十八日夜、議会の上下両院合同会議で就任後初の施政方針演説に臨み、政権運営の方針を示した。新型コロナウイルスワクチンの普及など成果を強調し、「就任百日で米国は再び動きだした」と宣言した。「二十一世紀を勝ち抜くため、中国や他の国々と競争している」と述べ、大型の成長戦略への超党派の協力を求めた。
コロナ対策では、ワクチン二億回接種の目標を前倒しで達成した実績を強調。三月十一日に成立させた総額一兆九千億ドル(約二百兆円)の緊急コロナ対策についても「最初の百日でどの大統領よりも多い雇用を生み出した」とアピールした。
競争相手と位置付ける中国について「習近平(しゅうきんぺい)国家主席に対し紛争を始めるのではなく防ぐために、インド太平洋で強力な軍事プレゼンスを維持すると伝えた」と明かし、対立するロシアについて「プーチン大統領に緊張悪化は望まないが、行動には結果を伴うと明確に伝えた」と述べ、権威主義を強める中ロ両国を抑制する方針を明確に示した。
経済対策の総額は空前の六兆ドル規模に迫り、政府が経済に介入する「大きな政府」への路線変更が明確となった。

■米新規失業保険申請、55.3万件に改善
米労働省が29日に発表した4月24日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は55万3000件と、前週の56万6000件から改善した。市場予想は54万9000件だった。
前週の申請件数は前回発表から1万9000件上方改定された。
新規失業保険申請件数は2020年4月上旬に記録した過去最高の614万9000件から減少しているものの、健全な労働市場を示すとされる20万─25万件を依然として大きく上回っている。
4月第1週に失業給付を受けている人は1660万人。
ネイビー・フェデラル・クレジット・ユニオンのコーポレートエコノミスト、ロバート・フリック氏は「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)前の雇用水準に回帰するにはおそらくなお数年かかるだろうが、第1・四半期に高まった力強い経済モメンタムに基づくと、第2・四半期には完全に機能する経済に近い状態に戻るだろう」と述べた。

■マクドナルド、第1四半期好調 売上高伸びコロナ禍前の水準超える
米マクドナルドが29日発表した第1・四半期決算は、世界既存店売上高の伸びが市場予想を上回った。一部市場での新型コロナウイルス感染抑制策の緩和や米国で実施された刺激策が寄与したほか、米国で投入したチキンサンドイッチやナゲットの新メニューが好調だった。
世界の既存店売上高は7.5%増と、リフィニティブがまとめたアナリスト予想の4.71%増を上回った。ケンプチンスキー最高経営責任者(CEO)は、新型コロナ禍前の2019年の伸びを超えたと指摘した。
米既存店売上高も13.6%増と、市場予想の9.25%増を上回った。
英国やオーストラリア、カナダの国際市場も好調だった。
純利益は15億4000万ドル(1株当たり2.05ドル)と、前年同期の11億1000万ドル(同1.47ドル)から増加。特別項目を除く1株利益は1.92ドルと、アナリスト予想の1.81ドルを上回った。
売上高も9%増の51億2000万ドル。予想は50億3000万ドルだった。
世界6市場で導入されているマクドナルドのデジタルアプリのアクティブユーザー数は4000万人。米国でのユーザーが約半数を占める。

■長期金利上昇でドル連れ高、底堅い経済指標にらみ=NY市場
ニューヨーク外為市場では、底堅い経済指標で長期金利が上昇する中、ドルが連れ高となった。
10年債利回りは2ベーシスポイント(bp)高の1.639%。
第1・四半期の実質国内総生産(GDP)速報値は、年率換算で前期比6.4%増加し、2003年第3・四半期以降で2番目の高成長となったほか、週間の新規失業保険申請件数も55万3000件に改善した。
ウェルズ・ファーゴ・セキュリティーズのマクロストラテジスト、エリック・ネルソン氏は「利回りの動きがドル高の主要な要因になった。為替と金利にはかなり密接な相関関係がある」とした上で、「4月は金利が下がったことでみんなが満足してしまい、ドルが値下がりしたが、ここにきて利回りが上昇してやや安定してきたので、ドルも強まる見通しだ」と述べた。
ドルは通貨バスケットに対し0.1%高の90.596。一時2月26日以来の安値を付ける場面も見られた。
ユーロ/ドルは0.1%安の1.2116ドル。一時9週間ぶりの高値を付けた。

              ※私も株、CFDで使用してます。
是非検討ください

【本日の予定(要人発言・イベント)】

10:00 中国製造業PMI・非製造業PMI・コンポジットPMI(4月)
10:45 中国財新製造業PMI(4月)
16:00 スペインGDP速報値(第1四半期)
イタリア失業率(3月)
ジョーダン・スイス中銀総裁、バーチャル講演
17:00 イタリアGDP速報値(第1四半期)
台湾GDP速報値(第1四半期)
17:30 ポルトガルGDP速報値(第1四半期)
20:00 メキシコGDP速報値(第1四半期)
22:45 カプラン・ダラス連銀総裁、質疑応答

欧米主要企業決算
アストラゼネカ、バークレイズ、BNPパリバ
エクソンモービル、シェブロン、アッヴィ

              ※私も株、CFDで使用してます。
是非検討ください

【経済指標】

時間 指標名称 前回ドル円変動幅 前回    (改定値) 予想 結果
08:00 韓国・鉱工業生産指数 03月 -4.9pips 4.3% (4.4%) -0.5% -0.8%
08:30 日本・東京消費者物価指数 04月 -0.9pips -0.1% 0.0% -0.2%
08:30 日本・雇用統計 03月[完全失業率] +3.4pips 2.9% 2.9% 2.6%
08:30 日本・雇用統計 03月[有効求人倍率] 1.09倍 1.09倍 1.10倍
08:50 日本・鉱工業生産(速報値) 03月[前月比] -2.0pips -1.3% -2.0% 2.2%
08:50 日本・鉱工業生産(速報値) 03月[前年比] -2.0% -0.6% 4.0%
10:00 中国・製造業PMI(購買担当者景気指数) 04月 -8.3pips 51.9 51.7 51.1
10:30 豪・生産者物価指数 第1四半期[前期比] +8.6pips 0.5% 0.4%
10:30 豪・生産者物価指数 第1四半期[前年比] -0.1% 0.2%
10:45 中国・財新製造業PMI 04月 -2.1pips 50.6 50.9 51.9
14:30 仏・実質GDP(速報値) 第1四半期[前期比] -0.9pips -1.4% 0.0% 0.4%
14:30 仏・実質GDP(速報値) 第1四半期[前年比] -4.9% 1.0% 1.5%
15:30 スイス・小売売上高 03月 -2.4pips -6.3% 22.6%
15:45 仏・生産者物価指数 03月[前月比] +2.7pips 0.8% 1.0%
15:45 仏・生産者物価指数 03月[前年比] 1.8%(1.9%) 4.5%
15:45 仏・消費者物価指数(速報) 04月[前月比] +2.7pips 0.6% 0.2% 0.2%
15:45 仏・消費者物価指数(速報) 04月[前年比] 1.1% 1.3% 1.3%
16:00 トルコ・貿易収支 03月 +2.7pips -33.0億ドル -47.0億ドル -46.5億ドル
16:00 スイス・KOFスイス先行指数 04月 -0.2pips 117.8 119.5 134.0
17:00 ドイツ・実質GDP(速報値) 第1四半期[前期比] +1.6pips 0.3% -1.5% -1.7%
17:00 ドイツ・実質GDP(速報値) 第1四半期[前年比] -3.7% -3.2% -3.0%
18:00 ユーロ・消費者物価指数(HICP)(概算値速報) 04月[前年比] +4.3pips 1.3% 1.6% 1.6%
18:00 ユーロ・消費者物価指数(HICP)(概算値速報) 04月[コア・前年比] 0.9% 0.8% 0.8%
18:00 ユーロ・雇用統計 03月 +2.3pips 8.3% 8.3% 8.1%
18:00 ユーロ・実質GDP(速報値) 第1四半期[前期比] +0.7pips -0.7% -0.8% -0.6%
18:00 ユーロ・実質GDP(速報値) 第1四半期[前年比] -4.9% -2.0% -1.8%
21:00 ブラジル・雇用統計 02月 +4.5pips 14.2% 14.5% 14.4%
21:00 南ア・貿易収支 03月 +4.5pips 290億ランド 283億ランド 528億ランド
21:30 アメリカ・個人所得・支出 03月[個人所得] -1.9pips -7.1% 20.0% 21.1%
21:30 アメリカ・個人所得・支出 03月[個人支出] -1.0% 4.2% 4.2%
21:30 アメリカ・雇用コスト指数 第1四半期 -2.7pips 0.7% 0.7% 0.9%
21:30 カナダ・鉱工業製品価格 03月[鉱工業製品価格] -3.9pips 2.6% 1.5% 1.6%
21:30 カナダ・鉱工業製品価格 03月[原材料価格指数] 6.6% 2.0% 2.3%
21:30 カナダ・実質GDP(前月比) 02月 -3.9pips 0.7% 0.5% 0.4%
21:30 アメリカ・PCEデフレータ 03月[PCEデフレータ・前年比] -1.9pips 1.6% 2.3% 2.3%
21:30 アメリカ・PCEデフレータ 03月[PCEコアデフレータ・前月比] 0.1% 0.3% 0.4%
21:30 アメリカ・PCEデフレータ 03月[PCEコアデフレータ・前年比] 1.4% 1.8% 1.8%
22:45 アメリカ・シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 04月 +0.2pips 66.3 64.2 72.1
23:00 アメリカ・ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値) 04月 -3.6pips 86.5 87.5 88.3

              ※私も株、CFDで使用してます。
是非検討ください
ここまで見て頂きありがとうございました。 ※よければ下の欄からコメント書き込んでください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です