2022年4月12日(火)の経済指標

昨日の注目ポイント

週明け東京市場で米長期金利が上昇したことでドルが全面高で始まった。

また、日銀の黒田総裁が「コロナの影響を注視し必要なら躊躇なく追加緩和を実施」と発言。

更に大阪日銀支店長も「円安は全体としてみれば関西経済にプラス」。

名古屋支店長も「輸出企業が多く、円安はプラス面が他よりも出やすい」など円安容認発言が相次いだことから円安進行。

124円前半で始まったドル円は125円をワンタッチ。ただ、3月28日に付けた今年最高値となる125円08銭を意識したことから上値が抑えられた。

しかし東京が終了した途端125円08銭を上抜けると損切りを巻き込み125円76銭まで上昇。しかし2015年6月に付けた高値125円85銭が意識され押し戻された。

このレベルは黒田総裁が「これ以上の円安はあり得ない」と発言した黒田シーリングと呼ばれるレベルであり強いレジスタンスとして意識された。

一方ユーロは依然として上下に荒っぽい動きが続いた。

朝方はフランス大統領選で24日に決選投票が持ち越されたもののマクロン優勢との見方からユーロ買いが先行。1.2912まで上昇して始まったがその後米長期金利が上昇すると1.0874まで下落。しかし欧州市場が始まるとユーロ買いが先行し1.0838まで買いが進んだ。一部でECBが年内利上げに前向きとの見方がユーロ買いを促した。

しかしロシアのウクライナ攻撃が継続されるなど戦闘の不透明感が燻る中でユーロ売りが再開。NY時間には1.0873まで押し戻されるなど上下に振らされる方向感の掴みにくい状況が続いた。

本日の注目ポイント

「ドル円」

日銀の執拗な円安誘導発言もあり円安の流れは継続。
昨日のハト派としても知られるエバンス・シカゴ連銀総裁が5月に0,5%の利上げを示唆するなど積極的な引き締めへ姿勢は衰えない。株価の下落をFRBは容認しているともいえる強い意志が感じられる。
ただ、米長期金利が1.78%台まで上昇するなど先取りし過ぎているようにも見えることからそろそろドル円の上値も第一幕の終わりに近いかもしれない。
125円85銭の黒田シーリングもこの勢いだと簡単に上抜ける可能性が高く、一時的に126円を超える場面も想定されるが、一旦は利食い売りを出しておきたい。
もし125円85銭に届かずに失速するようならまだ押し目買いのチャンスは残るとみるがドルロングポジションは短期で回していきたい。

図―1ドル円2時間足

「ユーロドル」

ウクライナ情勢の不透明感からユーロの上値が重いものの今週木曜日のECB理事会までは下値が限定的とみている。
ECBメンバーの話としてウクライナ情勢よりも物価上昇への懸念が高まり年内利上げに傾き始めているとの話も聞こえるためだ。
また、ここにきて原油価格の低下もロシアにエネルギーの多くを依存する欧州にとっては追い風となる。
目先1.08付近を底に買い戻しが強まるとみているが戻り高値目途としては38.7%戻しの1.0970付近から10%戻しの1.1010。
ただ、米長期金利の動向もユーロに大きく影響することから今日の米CPIの結果には注目。もし、予想を上回るようなら急速な引き締めへの思惑から米長期金利が一段と上昇しユーロは1.08前半に押し戻される可能性が高まる。
下げ止まるようなら短期的に押し目買いを入れておきたい。
日中は上下に振れやすいことから出来るだけ引き付けてポジションを仕込んでいくようにしたい。

図―2ユーロドル2時間足

「ドルカナダ」

原油価格の下落がここにきて進んでおり産油国のカナダにとってはアゲインストの風となっている。
今週のBOC会合では0.5%の利上げが予想されるが既にだいぶ織り込んでいたと考えられ、むしろその売り戻しが炙り出されている観もある。
反対に米長期金利が1.78%まで上昇してきたことでドル買いとカナダドル売りが重なり昨日は1.2640まで買われた。多々、1.2650付近は50%戻しのレベルでもありドル売りが並ぶ。
このレベルを超えるようなら61.8%戻しの1,27ドルが次のレジスタンスとなる。このレベルにはボリンジャーバンドの上限も位置することからかなり強いレジスタンスとして意識される。
最終的にカナダ景気回復や貿易収支の改善などからカナダドルの底堅さは継続するとみている。
どこかで反落チャンスを探りたい。

図3-ドルカナダ日足

 

AkiFX限定キャンペーン・特典実施中【2022年4月】

AkiFX(当サイト)の専用バナーから口座開設するとキャッシュバックキャンペーン・特典に参加できます。

AkiFX特別タイアップキャンペーン・特典もあるので、この機会に新しいFX会社を試してみてはいかがでしょうか。

 

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

人気記事FXトレーダーAkiが生配信で使うヒロセ通商LION FXのの取引ツールとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です