2022年4月25日(月)の経済指標

2022年4月25日

先週の注目ポイント

先週は黒田日銀総裁が「急速の円安でマイナス面も考慮しないといけない」など、これまでのハト派発言に変化が見られドル円の上昇も一服するかと思われた。しかし米長期金利が2.9%台に上昇しドル買いの勢いが強まるとドル円は129円40銭と20年ぶりの高値を更新。ただ、130円の大台を前に売りが強まり127円46銭まで押し戻された。

その後パウエルFRB議長が5月のFOMC会合で0.5%の利上げの可能性を示唆したことでドル円は再び上昇。

G7で日米財務相会談が開かれ円相場について議論。日本の関係者の話として「協調介入についても協議された」との報道でドル円が1円近く下落する場面も見られた。しかし米財務省声明では「為替と金融市場の動向を議論」との文言だけで具体的なものが見られず再びドル円は上昇。円安阻止への道は見られなかった。

週末には黒田総裁が「円が下落しても積極的な金融緩和を継続する」など改めて円安を誘導するような発言を受けドル円は129円台に上昇するなどドル円は底堅い動きが続いた。

今週の注目ポイント

先週米長期金利は2.95%まで上昇するなどFF金利の2.5%引き上げをほぼ織り込んだ格好だ。ただ、日銀の執拗な緩和政策継続姿勢を背景にドル円上昇の勢いは依然として強いままだ。更に他の主要国も引き締めに動き始めていることからクロス円の更なる上昇が見込める。

ウクライナ情勢による市場への影響は大分慣れてはきたが5月9日の戦勝記念日にかけて戦況が一気に変わる可能性もあり波乱含みの展開も予想される。

ただ、市場の主役は金融政策の違いでありドル高円安の流れに変化はない。

先週はNYダウが640ドル下落。原油価格も5ドル近く下落した。リスク回避の動きが進んでいる。FRBが利上げだけではなくバランスシートの縮小に動き始めることで投資マネーが逃げ始めている可能性もある。そうなればドル売りにつながる可能性もありドルの上値もそろそろ天井に近いのかもしれない。

今週は米3月PCEデフレーターが発表されるが伸びが鈍化しているようならインフレもピークに近いとの見方からドル売りで反応する可能性もある。

特に週末は日本がゴールデンウイークに入ることから値動きが激しくなる可能性もあり要注意。

「ドル円」

図 ドル円1時間足

今週のドル円は三角保ち合いを上抜け再度先週の高値129円40銭を試す展開を予想する。

129円40銭を上抜けるようなら130円を一時的に上抜ける可能性が高いが直ぐに押し戻されるとみている。

反対に129円台前半で頭打ちとなるようならゴールデンウイーク前にポジション調整の売りが強まりフィボナッチ38.2%戻しの126円前半までの下落も視野に入る、

日銀会合が開かれるがこれまでの内容を踏襲するとみており市場の注目は低い。

NY株式市場の動きも注目したい。更に下落が続くようなら以前のようにリスクオフの円買いという動きが復活する可能性もある。

「ユーロドル」

図 ユーロドル2時間足

先週デキンドスECB副総裁が「データ次第で7月に利上げを行う可能性がある」と発言。

また、ラガルド総裁は「7-9月にAPを終了し年内に利上げの可能性がある」と発言。

ユーロは1.0936まで上昇したが押し戻された。4月に入り1.09ミドル手前で抑えられており、かなり強いレジスタンスとして意識される。

反対に下値も1.07ミドルが強いサポートとなっているがユーロの重さが増す中で最終的に下値ブレークの可能性が高いとみる。

ロシアに対する制裁強化によるリセッションへの可能性が燻る中で利上げが実施されるようならスタグフレーションリスクが高まることは確かだ。

今週はユーロ圏HICPが発表されるが3.2%と前月の2.9%から上昇すると予想される。もし予想を上回るようなら早期利上げ期待から一時的に上昇する可能性が高い。ただ、1.09台で抑えられるようなら売りを出しておきたい。

「カナダ円」

図 カナダ円日足

日足ローソク足チャートでみると高値で上髭を伸ばし陰線に転じている。これは天井を付けたサインではあるがカナダドルの上昇は依然として継続しておりその調整局面とみた方がよさそうだ。

38,2%戻しの100円70銭の手前で下げ止まったが、まだ下押し圧力は残っているとみられ今週は一段の下落を予想する。

下値目途としては最も強いサポートは50%戻しの100円近辺。ここで下げ止まるようなら買いを入れていきたい。

今週末に発表されるカナダの2月GDPは前月の3.5%から4.1%に上昇すると予想される。もし予想を上回るようなら積極的な利上げ期待から再び上昇に転じるとみている。

 

AkiFX限定キャンペーン・特典実施中【2022年4月】

AkiFX(当サイト)の専用バナーから口座開設するとキャッシュバックキャンペーン・特典に参加できます。

AkiFX特別タイアップキャンペーン・特典もあるので、この機会に新しいFX会社を試してみてはいかがでしょうか。

 

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

人気記事FXトレーダーAkiが生配信で使うヒロセ通商LION FXのの取引ツールとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です