FXの両建ては意味ない?メリット・デメリットや注意点を詳しく解説

インターネットでFXの手法を検索すると、「両建て」が儲かるという情報を見たことがあるかと思います。両建ては「買い」と「売り」ポジションを同時に持つことで、上手く使えば利益を増やすことができるといわれています。しかし実は、両建てという手法はあまり意味がなく、かえってリスクを増やしてしまう手法なのです。

この記事では、FXの手法である「両建て」の概要とメリット・デメリット、なぜ意味がないのかを解説します。

FXの「両建て」とは?

ここでは導入として両建ての基本を説明したうえ、どのような目的で両建て取引を行うかを示していきます。

両建ての基本

FXの両建てとは、同じ通貨ペアの買いのポジションと売りのポジションを同時に持つことをいいます。相場が動いたとしても、片方のポジションでは利益、もう片方のポジションでは損失となり、損益の変動がないようになります。

両建ては難しい?初心者にできる?

結論から言うと、FX初心者には、両建てという手法は少し難しいかもしれません。取引コストが増えるほか、取引タイミングの見極め難易度が高いため、ポジションを管理することに慣れていない初心者の方はかなり混乱することになると思われます。

なぜ両建てを行うのか?

後の項目で詳しく説明しますが、両建てで取引を行った場合は損益を固定できたり、上昇傾向の相場の中で一時的な下落を狙ったりできます。また、経済指標の発表などで相場が予想外の動きを見せた場合でも損益は動かないため、損失額を抑えることができます。

両建てのメリット

両建てでの取引は、「買い」と「売り」のポジションを同時に持つことが最大の特徴です。ここでは、具体的な活用方法を紹介します。

決済せず損益が固定できる

両建てでポジションを持つと、買いポジションに含み益が出た場合、売りポジションでは同額の含み損が生じます。利益と損失が相殺されるため、損益をゼロにできます。したがって、損切りができなかった場合の避難場所として利用したり、リスク回避に使ったりすることができます。

長期投資しつつ短期投資が可能

長期的に上昇するトレンドの中で、一時的な押し目で利益を得るために、両建てでポジションを保有することも両建てのメリットです。相場が上昇した場合でも、下落した場合でも利益を得ることができる手法は両建ての一般的な活用方法です。

理想的な両建て例

上手く行えばレート次第で稼ぐことも可能

含み益の出ているポジションで利確し、含み損が出ているもう片方のポジションは利益が出るまで待つことで稼ぐことができます。また、両建てのレートが離れていない場合は、短期間で両方のポジションで利益を得ることができる可能性がありますが、大きく離れていると成立しない可能性が高いでしょう。

両建てのデメリット・注意点

両建てでの取引は賢く使えばメリットがありますが、どちらかというとデメリットの方が大きいかもしれません。利益以上に損失が発生する可能性が高い手法なので、どのような注意点があるかあらかじめ確認しておきましょう。

両建ての方法を誤ると損失が大きくなる

両建ては前述のとおり損益を固定する効果があるため、実質的には「ポジションなし」と同じです。例えば、100円で買いと売りポジションを両建てで持ったとします。相場が110円に上昇したため、買いポジションを利確し、10円の利益を得ました。しかし、売りポジションの含み損は10円のため、損益はプラスマイナスゼロです。

FXにおける両建ては、上手く使えば利益を大きく取ることができますが、両建ての方法を誤ると損失が大きくなります。

例えば、ドル円の売りポジションを保有したのに、ドル高になってしまった場合、損失が膨らみます。

そこで買いポジションを入れた直後に円高になってしまい、売りポジションの損失は減るものの、買いポジションの損失が膨らんでしまいます。

これ以上、円高にはならないと予測し、売りポジション①を損切りしたのものの、買いポジションがプラスになる見込みがなく、そのまま損切りを実行。

これらの損切りを繰り返すことで損失が膨らんでいくこともよくあることです。

損失が出る例

身動きがとりにくく、臨機応変な対応ができない

証拠金維持率が高い場合、次のポジションを保有できなくなるため身動きをとることができない可能性があります。両建てをする場合は、証拠金に余裕がある場合だけにしておく必要があるでしょう。また、必要な証拠金が増えるとロスカットされるリスクも大きくなります。

スワップポイントなどの条件で損失がさらに膨らむことも

FX会社にもよりますが、買いスワップと売りスワップの数字は異なることがほとんどです。また大抵の場合マイナススワップの方が大きくなるため、両建てで取引を行った場合はスワップ分の損失が発生します。したがって両建てを続ける限り、スワップ分の損失は確実に発生することになります。

 両建ては意味ないって本当?

上手に使えることができれば、両建ては有効な手法になるかもしれませんが、よほど相場の読みに自信のあるトレーダー以外にはおすすめできません。

特に初心者は安易に手を出してはならない

両建てを初心者におすすめできない理由には、以下のようなものがあります。

  • ポジションの解消タイミングが難しい(利益と損失のバランス調整が難しい)
  • ポジションを解消した場合でも、もう片方のポジションが残るため、塩漬けか損切りする可能性がある
  • 短期的な下落を狙う場合、かなり正確にエントリーのタイミングをはかる必要がある
  • 損切りを恐れた結果、「気づいたら含み損だけが残る」という状態になる

 相当上手く立ち回らないと両建てしない場合より利益は望めない

熟練のトレーダーは両建てを活用して利益を稼ぐことができるかもしれませんが、かなり上手に取引を行わなければ利益を得ることができません。両建ては相場をしっかりと見極めることができる上級者向けの手法といえます。

まとめ

インターネットなどで検索すると、「両建てはFXの必勝法!」といった情報がありますが、初心者が手を出すと大火傷する可能性が高いでしょう。

安易に両建てを行うと、高確率で発生する「スワップによる損」と「含み損」で二重に損失が膨らむばかりか、身動きがとれなくなって相場から退場させられることも懸念されます。また多くのFX会社では、「経済的合理性に欠く可能性がある」として基本的には両建ては推奨していません。

両建てでの取引を検討している方は、これらの点をよく考えてから実行に移しましょう。

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です