FXの特徴の一つ!レバレッジの仕組みやリスクをわかりやすく解説!

レバレッジ leverage

FXを始めたばかりの方の中には、レバレッジというものがあることを知ったものの、具体的にどんなものか分からないという方も多いですよね。

レバレッジは賢く使うことで少ない資金でも大きな利益を出すことができるものです。しかしリスクがあることを理解して使わないと、大きな損失を出してしまう可能性もはらんでいます。

そこで今回はレバレッジとはどんなものなのか、レバレッジのメリットやリスクはなんなのかということについて、詳しく解説していきましょう。

そもそもレバレッジとは?

FX  レバレッジとは

レバレッジとは「てこの原理」を原義に持つ用語です。FXにおいて少額の投資金額しかなくても、「レバレッジを利かせる」ことで大きな金額で取引ができます。

レバレッジは少額投資家の味方

レバレッジ 小額投資

例えば投資できる金額が1万円しかなくても、25倍のレバレッジを利かせることができれば25万円分の取引が可能になります。その際のFX取引に要する資金である「証拠金」は1万円だけで問題ありません。

レバレッジは少ない力で重いものを持ち上げる「てこの原理」と同様に、少ない金額で手持ち以上のお金を取引できる仕組みなのです。レバレッジを利かせて取引することは「レバレッジ取引」と呼ばれます。

個人投資家の中には「少額しか投資できない」という方も多いでしょう。たとえ手持ちの投資額が少なかったとしても、レバレッジを利かせることができれば何倍もの金額を動かし、FXで大きな利益を出すことも可能になるのです。

日本国内のFX業者の場合、レバレッジは最大で25倍までかけることができます。10万円の証拠金で最大250万円分の取引が可能な点は、非常に魅力的だと言えますね。

投資効率を高められる効果が期待できる

レバレッジ取引をすることは、投資効率を高めることにもつながります。例えば同じ10万円で取引をした場合、レバレッジをかけずに取引した場合と5倍のレバレッジをかけて取引した場合では、利益額も5倍の差が生まれます。

1ドル100円でスタートし、10万円をレバレッジなし、レバレッジ5倍、レバレッジ25倍で取引し、1ドルが95円になった場合の利益額

 

  レバレッジなし

(10万円で取引)

レバレッジ5倍

(10万円×5=50万円で取引)

レバレッジ25倍

(10万円×25=250万円で取引)

価格変動 10万円→10万1,000円 50万円→50万5,000円 250万円→252万5,000円
利益 1,000円 5,000円 25,000円

仮に10倍のレバレッジをかけて取引した場合、5倍の時と比べて利益額は2倍になり、さらに多くの利益を得ることが可能になるのです。証拠金の額はまったく同じであるにもかかわらず、レバレッジをかけるだけで利益の額には大きな差が生まれます。つまり、同じ額を投資した場合でも投資効率には大きな差が生まれるのです。

レバレッジにはリスクもある

リスク レバレッジ

ここまで見てみるとレバレッジ取引には良い面しかないように見えますが、レバレッジ取引には残念ながらリスクもあります。取引に失敗した時のリスクについて、詳しく解説していきますね。

取引に失敗した場合の具体例

レバレッジ取引は大きな利益を得ることができる反面、損失が出てしまった場合には損失額も大きくなってしまいます。特に大きなレバレッジをかけて取引した場合、損失額もかなりの額になってしまう可能性があります。レバレッジをかけても証拠金自体が多くなるわけではないため、レバレッジ取引で大きな額の損失が出た場合は、それがそのまま証拠金に跳ね返ってくる点に注意しなければなりません。

レバレッジ取引でどのくらいの損失が出る可能性があるか、具体例を示して解説します。先ほどと同様に10万円の証拠金でそのまま取引した場合と、5倍のレバレッジ、25倍のレバレッジで取引した場合で比べてみましょう。

1ドル100円でスタートし、10万円をレバレッジなし、レバレッジ5倍、レバレッジ25倍で取引し、1ドルが95円になった場合の損失額

 

  レバレッジなし

(10万円で取引)

レバレッジ5倍

(10万円×5=50万円で取引)

レバレッジ25倍

(10万円×25=250万円で取引)

価格変動 10万円→9万5,000円 50万円→47万5,000円 250万円→237万5,000円
損益 5,000円 25,000円 125,000円
証拠金残額 95,000円 75,000円 -25,000円

上記のように、レバレッジが大きい状態で取引をしているとあっという間に証拠金がなくなってしまいます。さらにレバレッジをかける元手が減ってしまうことで、レバレッジを引き続きかけても取引額が小さくなってしまうのです。

損失が膨らめばロスカットという名の強制決済も

上記のように、レバレッジは損失に傾くと証拠金が一気になくなってしまうようなリスクをはらんでいます。また多額の損益は取引している人だけでなくFX会社にとっても損失なので、FX会社では取引の損失によって証拠金がどのくらい減っているかということを示す「証拠金維持率」がおおむね50%程度を割った場合に、「強制ロスカット(強制決済)」ができる仕組みを備えています。

「強制ロスカット」とは、証拠金維持率が設定されたパーセンテージを下回ることで損失額が確定される仕組みのことです。強制ロスカットは証拠金がどのくらい残っているかという「証拠金維持率」で決まるため、レバレッジが高ければ高いほど強制ロスカットされやすくなってしまうのです。

具体例について、証拠金維持率が50%を割った場合に強制ロスカットされるFX会社で見てみましょう。例えばレバレッジ2倍では1ドル100円が51円にならないと強制ロスカットされないのに対し、レバレッジを25倍かけている場合は100円が98円になってしまっただけでも証拠金維持率が50%を割ってしまうため、強制ロスカットとなってしまうのです。 

※証拠金維持率50%で強制ロスカットとなるFX会社を利用した場合

レバレッジ2倍の場合
1ドル100円→51円になると強制ロスカット
(証拠金維持率が49%となるため)

 

レバレッジ25倍の場合
1ドル100円→98円になると強制ロスカット
(証拠金維持率が50%となるため)

 

強制ロスカットされてしまった場合、その時点での損益は確定してしまうので損益を回復することができないまま、取引が終了になってしまいます。レバレッジが高いほど、このようなリスクも大きいことを押さえておきましょう。

初心者はレバレッジ取引を使っても大丈夫?

初心者 レバレッジ 使ってよいのか

レバレッジ取引はメリットもありますがリスクも大きいため、特に初心者が扱うのは難しいと言えます。

始めたばかりのころは安易に手を出さない

FX会社で強制ロスカットの仕組みを導入している以上、FX初心者が安易に高いレバレッジで取引を行ってしまうと、相場の変動についていけずにすぐに強制ロスカットとなって多額の損失を抱えてしまう可能性もあります。

FXを始めたばかりの人は、まずは通常の取引でFXを学びながら、堅実な取引を行うことをおすすめします。

関連記事FXで借金する可能性はある?ロスカットの仕組みを分かりやすく解説!

レバレッジを使えるようになれば初心者脱出

しかし前述したとおり、レバレッジ取引には投資効率を高められる大きなメリットもあります。FXを通常の取引で学んで、利益をあげたり損失を被ったりする経験をある程度積んだという人は、まずは低めのレバレッジでレバレッジ取引を始めてみるとよいでしょう。

レバレッジを使いこなし、少ない投資額で大きな利益を出せるようになれば、その時点で見事にFX初心者は脱出したと言っても過言ではありません。

関連記事FXと株の違いは?初心者の少額投資ならFXがオススメ!

まとめ

まとめ

レバレッジはFXで大きな利益をあげるためには欠かせない仕組みのひとつです。レバレッジをうまくかけて、少ない投資額で大きな利益を出すことには夢がありますね。

しかしレバレッジ取引は、高いレバレッジをかけすぎると少し相場が動いただけで強制ロスカットの憂き目にあうリスクもはらんでいます。相場を注意深く読んだうえで、リスクの大きすぎないレバレッジで利益を出すことができるのが、真のFX巧者なのです。

関連記事ヒロセ通商(LION FX)のレバレッジは何倍?低レバ取引推奨!

関連記事DMM FXのレバレッジは何倍から?レバレッジ変更方法とリスクについて解説

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です