FXにおけるボリンジャーバンドの使い方を解説!

ボリンジャーバンド

FX初心者の方は、

「ボリンジャーバンドって何?」

「ボリンジャーバンドってFXの利益に役立つの?」

「ボリンジャーバンドの使い方を知りたい」

などとお悩みではないでしょうか。

ボリンジャーバンドはFXの相場分析に役立つグラフであり、有効活用で利益につながるヒントも得られます。 今回はボリンジャーバンドの定義や活用方法を知りたい人のために、基本的な知識や使い方などを解説していきますよ。

この記事で学んだことが、FXでの利益アップに役立つことを願います。

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドとは、画像のチャート内にある3本の黄色い線であり、FXや株式投資などのチャートを分析するテクニックのひとつです。

ボリンジャーバンド

1980年代にジョン・ボリンジャー氏が考案したことが名前の由来で、投資対象の一定期間における価格変動の平均値をグラフ化した「移動平均線」に、統計学におけるデータの散らばりを現す「標準偏差」という概念を取り入れています。

ローソク足チャート上にある1本の移動平均線を中心として、上下にσ(シグマ)と呼ばれるバンドが出ます。上がプラスのσで、下がマイナスのσです。 移動平均線とボリンジャーバンドの位置関係により、投資のタイミングがわかりやすくなります。

FXでのボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドは移動平均線を上下両サイドから挟みこむ形なので、バンド全体のまとまりを確かめましょう。バンドの状況に応じて3つの状態を判断できます。

スクイーズ

スクイーズ

ボリンジャーバンドの全体の幅が狭まっている状態です。価格変動が少ない「レンジ相場」が続くと起きがちなので、取引行動に出ないで様子見が賢明でしょう。

しかしスクイーズの範囲が狭くなるほど、その後の価格上昇や下落のトレンドが長く続く傾向があるので、バンドが弾けるタイミングは見どころです。

 

エクスパンション

エキスパンション

スクイーズから大きく値が動き、バンドの幅が拡大していく状態です。エクスパンション時には価格の方向性が決まることがほとんどなので、バンドが広がり始めたときはトレードのチャンスなのです。 

 

バンドウォーク

バンドウォーク

バンドをなぞるように値動きが続く状態です。上向きのバンドウォークなら買い注文を決めるのがおすすめです。

バンドウォークが下向きでも、持っていないぶんを先に売りに出し、後で買い戻すという売りポジションを使えば、売値と買値の差額分を利益にできます。 このようにボリンジャーバンドの状態を見極めることで、利益を取れる可能性が上がりますよ。 

FXでのボリンジャーバンドの使い方

各期間の値動きを示すローソク足がボリンジャーバンドから飛び出したら、すぐに内側に戻ってくる可能性が高いでしょう。今後の値動き予測で、上側のバンドから飛び出したら「売り」、下側のバンドを飛び出したら「買い」という逆張りポジションも取れます。

トレンドに従った値動きが続けばバンドウォークになることが多いので、順張りの投資で利益を狙いましょう。 バンドウォークが続くと、初心者でもまとまった利益を上げるチャンスなので、落ち着いてチャンスを待ちたいところです。

以上から、ボリンジャーバンドは今後の値動きを予測するうえで、トレーダーの味方になれるツールなのです。

関連記事FXのテクニカル分析とは?代表的な5つの手法を紹介!

ボリンジャーバンドの設定方法 

ボリンジャーバンドの設定方法

投資初心者なら、移動平均線の期間を「20~25」に定めましょう。画像では偏差を示すσを「2」にしています。

慣れてきたら、短期や長期といった自身の投資スタイルに合わせて調整しましょう。デイトレードやスキャルピングなら移動平均線の期間を「9」や「10」に下げても良いですし、「ガチホ」というほどの長期保有を希望なら「50」や「75」に上げると良いでしょう。

σ数に応じた特性は以下のとおりなので、参考にしながらσや本数を調整してみるとよいですね。

ボリンジャーバンドのσ数 σの範囲内に相場が収まる確率
±1σ 約68.3%
±2σ 約95.4%
±3σ 約99.7%

 

ボリンジャーバンドと相性の良いテクニカル分析は?

ボリンジャーバンドは「RSI」「ストキャスティクス」「ADX」といったオシレーター系指標と合わせることで、利益のチャンスを見つけやすくできるでしょう。4つ以上の多すぎるテクニカル分析をチャートに入れすぎると、情報が複雑になりすぎて好機を逃しやすくなります。

しかし、ボリンジャーバンドを含めた2~3のテクニカル分析を組み合わせることで、正確に投資のチャンスをつかんだり、ひとつのテクニカル分析が見せるダマシで損をするリスクを抑えたりできるのです。

FXにおけるボリンジャーバンドの注意点 

ボリンジャーバンド 注意点

FXでボリンジャーバンドを使ったからといって、確実に儲けを出せるとは限りません。スクイーズ時の価格の慎重な見極め、目先のバンドの動きでダマシを受けないなどの注意が大切です。

以下の3つのポイントに気を配りながらの使用をおすすめします。

スクイーズには気を付けよう!

ボリンジャーバンドのスクイーズは、価格変動が少ないレンジ相場になることが多数です。このときはどちらに値動きするのか予想が難しくなります。

勘で値上がり間近と踏んで買い注文を出しても、直後にローソク足が下降トレンドを示せば損失が出ます。スクイーズ状態のときは、トレードを控え、バンドが傾きはじめるのを待ちましょう。

どうしてもトレードを行うなら、時間軸を広げた分析や、ほかのテクニカル分析との併用を試してみましょう。スクイーズの最中はバンド間の距離が段々と狭まっていくことがあります。

バンド同士の間隔が小さく縮まるほど、エクスパンションの段階で大きな価格変動を見せる可能性が高まります。スクイーズの終わりを見極めながら、トレードのタイミングをうかがう見方が重要です。 

ダマシには要注意!

テクニカル分析は今後の投資行動において参考になりますが、正確なチャンスを示すとは限りません。投資のチャンスにつながるような動きを見せても、その後思い通りの値動きにならないという「ダマシ」が起きる可能性に注意しましょう。

上向きのバンドウォークが始まって買い注文を済ませても、すぐにレンジ相場に入って思ったほどの利益を出せないこともあります。バンドウォークが短く終わり、価格が長い下落に転じれば損失が大きくなる可能性さえ考えられます。 

ボリンジャーバンドだけに頼らず、ほかのテクニカル分析も合わせた総合的な判断により、ダマシのリスクは抑えられますよ。

FXのボリンジャーバンドのまとめ

まとめ

今回ご紹介したボリンジャーバンドの使い方をマスターすれば、トレードにおける判断能力を高められます。スクイーズ、エクスパンション、バンドウォークという3つの現象を見わけながら、トレードのチャンスをうかがいましょう。 

トレードスタイルに合わせてボリンジャーバンドを使いこなせば、まとまった利益も期待できるでしょう。この記事をきっかけにボリンジャーバンドに興味を持ったら、早速使ってみてくださいね。 

記事内画像:ThinkTraderより

関連記事FXのテクニカル分析とは?代表的な5つの手法を紹介!

関連記事初心者向け FX 業者ランキング

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です