三角持ち合いのチャートパターンとは?!FXトレード戦略を徹底解説!

三角持ち合い チャートパターン

相場にはブレイクを予想する三角持ち合いという分析方法があります。この三角保ち合いはレンジ相場でよくみられるチャートパターンです。形を理解する事で次のブレイクの方向が予測できるため覚えておくことが重要となります。

ブレイクの発生が予測できれば、FXの取引で大きく利益を上げることができます。

この記事では三角持ち合いのチャートパターンからトレード戦略まで分かりやすく解説していきます。

この記事に書いてあること
三角持ち合いのチャートパターン
三角持ち合いの後はなぜブレイクするのか
三角持ち合いを意識したトレード戦略

 

この記事を読むと
三角持ち合いのチャートパターンとブレイクの理由について理解できる
トレード戦略を理解し有効なテクニカル分析ができるようになる

 

為替相場における三角持ち合いとは!? 

為替相場における三角持ち合い

三角持ち合いとは高値と安値を結んだラインが収縮してぶつかり三角形になるチャートパターンの事を指します。別名トライアングル・フォーメーションとも呼ばれています。

三角保ち合い

上図では、安値のトレンドラインが上昇していることによって値幅が小さくなってきているのが分かります。高値のレジスタンスラインと安値のトレンドラインの幅が徐々に狭まってきて、三角持ち合いのチャートパターンができています。1本のトレンドラインと1本の水平線の幅が狭まってくると三角持ち合いのチャートが形成されていると認識することができるのです。

三角持ち合いは3つのパターンに分類される 

 三角持ち合いには3つのチャートパターンがあります。

1.均衡型

上昇トレンドラインと下降トレンドラインによって作られるチャートパターンです。

三角保ち合い 均衡型

上図のように高値と安値が切り下がって行くことで形成されます。買いと売りの攻防が激しくその後どちらの方向にブレイクするかが分からない相場となります。

2.上昇型

三角保ち合い 上昇型

高値にレジスタンスラインがあり、安値が切り上がって三角形を作るパターンです。買いの優勢によって起きるため、その後は上にブレイクする可能性が高いパターンになります。

3.下降型

三角保ち合い 下降型

安値にサポートラインができて、高値が切り下がって三角形を作るパターンです。売りの優勢によって形成されるため、下方向にブレイクする可能性が高いパターンになります。

三角持ち合いの後はブレイクしやすい 

三角保ち合いを形成した後の相場はブレイクしやすい傾向にあります。値幅が小さくなるということは、相場が様子見モードであるということが言えます。相場心理として次に大きく動く事は間違いないと考える投資家が多いです。そのためブレイクした方向にいち早くエントリーしようとするため大きなブレイクへとつながる可能性が高いのです。

三角持ち合いを用いたFXの取引手法とだましの回避 

三角持ち合いを用いたFXの取引手法とだましの回避

三角持ち合いを理解することはFXの取引を行う上で有用な分析手法となります。

多くの投資家に意識されるポイントであるため、直後のブレイクや押し目を予測することができるのです。

三角持ち合いを意識して取引する際は「きれいなに形成された三角持ち合い」を狙う必要があります。きれいな三角持ち合いの定義は以下の通りです。

1.レンジ幅を時間をかけて3、4回反転し三角の先端まで進んでいく
レンジの中で何回も反発していればきれいな三角持ち合いのチャートであると認識できます。
多くの投資家がブレイク後に大きなトレンドの発生を期待しているので、分析通り動く可能性が高いです。

2.三角が小さく、反転が少ないときれいな三角持ち合いとは言えない
1,2回の反発で小さな三角持ち合いでは大きな形に比べて根拠が弱くなります。
強いトレンドが発せしない可能性があるので大きく反発を繰り返している形を意識することが重要となります。

 

ブレイクに乗ったエントリーをする 

きれいな三角持ち合いを形成した後のブレイクに素直に乗る手法になります。

トレンドラインの方向を見てブレイクすると予測される方向へエントリーします。

三角保ち合い ブレイクに乗ったエントリー

(CHF/JPY 1時間足チャート)

上のチャート画像ではレンジ内で反発しながら高値が切り下げていることが分かります。

三角が小さくなり安値ラインを割った時点で大きな下落を予想することができます。高値が切り下がっているということは、下降のトレンドを作ることが高いためブレイクの初動を狙ってエントリーすることでトレンドに乗ることができます。

ブレイクした後の押し目や戻り目を狙う 

三角持ち合いのパターンができた後に1度ブレイクしても再度反発で戻ってきてしまう可能性があります。ブレイク後の押し目や戻り目を狙うことで、そのようなだましを回避することができます。

三角保ち合いブレイクした後の押し目や戻り目

(EUR/JPY 1時間足チャート)

ブレイクをした後に浅いポイントで反発して来たらサポートライン、レジスタンスラインといった意識されているラインまで戻ってくるまで待ちます。

上のチャート画像では安値のラインで反発して、そこから大きな下降トレンドを作っているのが分かります。

それまでのサポートラインがレジスタンスラインに変わり、再度同じ方向へブレイクしているのです。このように1発目のブレイクはだましの可能性があるので注意が必要です。ライン反発後の押し目や戻り目を狙うこと発生したトレンドに乗ることができ、大きな利幅を狙うことができるのです。

まとめ

まとめ

三角持ち合いは水平線やトレンドラインをチャートに引くことで、すぐに見つけることができるので初心者にもおすすめの分析方法です。大きな利幅を狙うには強いトレンドを狙う必要があります。そのためトレンドの予測は大変重要なものとなります。

慣れないうちはブレイクの初動でエントリーせずに押し目、戻り目を狙うなど慎重に取引を行う必要があります。過去チャートを見て三角持ち合いの形を理解したうえで取引を行うことが重要です。

関連記事FXのテクニカル分析とは?代表的な5つの手法を紹介!

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です