OPECプラスの減産合意で原油価格急落!?

OPECプラス 減産

4月9日にOPECプラスの緊急電話会合が行われて「日糧1000万バレルの減産」の合意がなされた模様です。

ただ、日本政府の発表する経済対策の「真水」部分がいつもかなり小さいのと同様で、今回の合意の「真水」部分は実質的には750万バレル程度の減産幅と期待外れでした。  

memo
真水(経済用語)とは、経済対策のうち、実際に経済生産を押し上げる効果のある予算のことを言います。

 

まず、「真水」については、サウジアラビアは1~3月の生産量977万バレルからの減産ではなく、4月に増産した1,130万バレルからの22%減産ということなので、OPECプラス全体では実質的には650万~750万バレルの減産にとどまっているとのこと。つまり「真水」部分は650万~750万バレルということです。

当初2,000万バレルの協調減産で話し合いか?とのヘッドラインで4月9日のNYMEX(ニューヨークマーカンタイル取引所)のWTI原油は、オープニングからバレル2ドル以上上げていましたが、この減産合意ニュースが伝わると22ドル台まで急落しました。

WTI原油価格

出典:https://oilprice.com/oil-price-charts/45

今朝になってさらに悪いニュースが。この減産幅にメキシコ(OPEC非加盟)が合意しておらず、メキシコが合意することを条件に「日糧1000万バレルの減産」という条件付き合意のようです。

CNNによると、OPECのバルキンド事務総長は、4~6月期は日量1,200万バレル近い減産が必要になるとの試算を紹介したようです。このペースで減産を進めたとしても、「現在の前例のない需給不均衡を踏まえると、2020年7~9月期には日量1470万バレルという大量の余剰原油が発生する可能性がある」としています。

今回の合意では、4~5月は日量1000万バレル、7~12月は日量800万バレル、21年1月~22年4月は日量600万バレルの減産とする方針

いずれにせよ、OPEC(プラス)の力もなくなりましたね。

世界一の原油生産国である米国を巻き込まないことには有効な手立てはなさそうです。

その点では本日(4/10)行われるG20のエネルギー相の電話会合が注目されます。ここには米国もロシアもサウジもカナダ、ブラジルなどの主要な石油生産者が参加する予定です。ロイターによると、ゴールドマンの予測では400万バレルの追加減産が必要とか。

米国最大の石油生産国であるテキサス州の規制当局も、企業に生産量の削減を強いるかどうかについて、4月14日に議論する予定だと伝わっています。ただ、自由主義国代表の米国などがカルテルに参加するというわけにはいきませんので、簡単に解決するとは思えません。

さて、「現在の前例のない需給不均衡」はどのくらいかというと、世界需要の30%相当で、日量2,500~3,500万バレルともいわれており、現在世界中で行われている厳しい封鎖措置が北米と欧州、一部のアジア諸国で大幅に緩和されない限り、いかに余剰の生産分を備蓄に回しても、需給のバランスは取れそうもありません。

OPECは1960年の設立以来60年間、油価が高いときは生産量でだましあいが続くカルテルでしたが、価格が下がってくると、急に協調的になります。ただ、OPECプラスとしてさらに参加国が増え、ますます協調が難しくなってきたことに加え、今回はこれほどまでの世界的需要減にもかかわらず、本当の協調には至れず、まだ仲間割れしたままの状態のようです。

米国の生産量も実際は減り始めています。ベーカー・ヒューズ社発表の米石油採掘装置(リグ)稼働数はここのところ急減しています。

米石油採掘装置(リグ)の最大稼働数は2018年の11月22日で888でしたが、直近では504と大幅減となっています。最近は特に急減しています。昨年5月以来WTI原油価格はバレル66ドルから50ドルくらいの狭いレンジで下降と上昇を繰り返してきましたが、この間の稼働リグ数は830から679へと微減が続いてきていました。

バレル55~60ドル以上の価格が必要な生産者が減らしてきたということなのでしょう。

それが3/6を境にして原油価格は20ドルまで急落、稼働リグ数も急減しています。この1か月で679から504へと急減しています。ちなみに先週は564でした。これからも下げ続けることになるでしょう。

生産者はNYMEXに上場されているWTI原油をショートして価格ヘッジを行っていますが、今後の価格についてはヘッジができていないと思われます。

米エネルギー省は7日、米国の産油量は政府が行動しなくてもすでに減少していると指摘。さらに米国内石油会社は原油安を受け操業を縮小せざるを得ないため、米国の産油量は一時的に日量200万バレル程度減少するとの見方を示しています。

が、それほど急激に原油生産が減るとは考えにくいです。というのは、破産申請で、破綻したシェール会社がすぐに生産を停止もしくは生産量を減らすことを意味するとは限らないからです。米国では、破産申請が適用された場合、裁判所の助けを借り、企業と債権者は債務を再編成することで債務の一部が免除となりますが、その場合でも破産申請後、むしろ、債務返済のために生産を続ける必要があるからです。したがって、しばらくは生産量が急激に減らない可能性も考えられます。

一方、サウジアラビアの(隠れた)本音はロシアが3月6日のOPECプラス会合でOPECが提案した減産量を拒否したのを幸いに、米国のシェール生産会社をつぶしてシェア取りを行うという戦略に出た、と筆者は考えています。

しかし、サウジアラビアとしては同盟国米国のトランプ大統領の減産要求を無視し続けているわけにもいかず、今回のOPECプラスのビデオ会合に入ったわけです。ただ、ここで単にOPECプラスとして協調減産しただけでは、米国のシェールオイル会社の復活を助けるだけですので、米国の協力が絶対に必要なところ。ここからの産油各国の動静に注目が集まります。

サウジアラビアとロシアは当初の計画の通り、コロナ問題が片付いて、原油需要が戻るまで、こうなったら増産を続け、価格を下げ、米国のシェール企業を倒産に追い込むしか両国とOPECプラスが生き残る道はないと考えているはずです。

原油価格は上がらない可能性が高そうです。

関連記事原油価格はまだ下がり続ける?サウジアラビア大増産戦略とは!?

関連記事世界同時株安!コロナショックと過去の株価暴落を比較!

関連記事コロナウィルスで原油価格下落!OPECプラスは原油協調減産!

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

著者プロフィール

memo
ウィンインベストジャパン( https://win-invest.co.jp/ ) 齊藤トモラニ 老舗FXスクール代表。 FX会社主催のセミナー講師としても活躍する。 著書に『簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード』 ロンドンfxの松崎美子さんと一緒にYouTube「fxの流儀」を配信中 <FXの流儀youtubeチャンネル> https://www.youtube.com/channel/UC30w5H2MGSs6wP1YFjPeXBg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です