DMMFXのデモ口座の開設方法!スマートフォンアプリについて解説しました

政策金利

DMMFXで実際に取引する前にDMMFXのデモ口座で自分の資金を使わずに実践的な取引を学ぶことができることはご存じだったでしょうか。

DMMFXのデモ口座で本物と同じように戦略を考えながら取引することで実戦での失敗を防ぐこともできます。

初心者の方ですぐに新規口座開設をして取引されるのもいいですが、初めからは「怖い」と感じるのであればDMMFXのデモ口座で慣れてから本番のトレードをするのも良いのではないでしょうか。

今日は皆様がDMMFXのデモ口座を少しでも有効活用できるようにしっかりと解説させていただきます。

☑記事の概要
  • DMMFXのデモ口座ならリスクなしでFXを学ぶことが可能
  • DMMFXのデモ口座はパソコンだけでなく、スマートフォンアプリでも取引可能
  • DMMFXのデモ口座の取引画面を紹介

 

当サイトでは、トレード初心者向けの情報から、中級者、上級者向けの情報まで掲載しています。

この記事が少しでもよかったら、他の記事も是非一読してみてください。

DMMFXのデモ取引とは?

フィボナッチト・リトレースメントを使ったFX取引手法

DMMFXのデモ口座を利用すれば、本物の取引と同様のFXトレードができます。

FXとはどんなものか一度やってみたい!」と思っていた初心者の方なら、まずはデモ取引から試してみましょう。

3か月という期限付きではありますが、デモ口座用に用意された潤沢な資金を使ったデモトレードを通して、トレードに慣れてしまいましょう。
学ぶべきことを一通り学んだ上で実際の取引を行う事が重要です。

DMMFXのデモ口座とは?

DMMFXのデモ取引とはバーチャル資金で取引することができるリスクゼロの取引です。
しかもツールが本物と同じなので実践的な取引を学ぶことができます。

DMMFXのデモ口座では実際に配信しているレートと同じレートで取引体験ができます。

本番さながらのリアルタイムトレードでどんどん上達できます。また、パソコンだけでなく「バーチャル」というスマートフォンアプリでも体験ができます。

DMMFXのデモ口座の資金は500万円

DMMFXのデモ口座では、いきなり500万円の取引が可能です。

デモ口座を開設するとあなたのデモ口座に500万円のバーチャル資金が入金されます。

500万円の豊富なバーチャル資金ですがいきなり500万円で全力勝負するような取引はオススメできません。

バーチャル資金で遊ぶのではなく、本番を想定しながら大事に取引していくことが大切です。

注意
デモトレードでも、自分の有効保証金と同額で取引することが重要

 

DMMFXのデモ口座の取引時間

DMMFXのデモ口座での取引時間は、実際の取引時間と同様です。

月曜日の早朝から土曜日の早朝までの時間帯に取引が可能で、土日は休場になりまs。

また、毎月第1金曜日は米雇用統計の重大指標が発表されますが、その発表時間帯は非常に激しい値動きになりますので、ぜひ体験して見て下さい。

本物じゃなくて良かった!と思う瞬間を、デモ口座の時に体験すれば、トレードの経験を身を持って積むことができますね。

スマートフォン版バーチャルでデモ取引

パソコンだけでなくスマートフォンやタブレットでは「バーチャル」というアプリを用いて取引することが可能です。

トレーダーの中にはスマートフォンだけで取引されているという方も多いです。

カフェや電車の中で気軽にトレードしたいという方も、デモ口座を開設すればスマートフォンで本物さながらの取引ができます。

後述しますが、DMM FXスマートフォンアプリは本物のトレードと同じツールなのでデモ口座で慣れた分だけ本番に活かせます。

DMMFXでデモ口座取引を行うメリット・デメリット

フィボナッチとは?

それでは、DMMFXのデモ口座に関連するメリットとデメリットについて解説していきます。

取引業者選びの際の参考にしてくださいね。

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

DMMFXデモ口座のメリット①

本物の口座同とじように実践的に学ぶことができます。

注文の仕方や操作方法が同じなので、現実のお金を使わずとも操作方法に慣れることが可能です。

操作方法に慣れ、自分に合ったツールを選ぶことは利益率上昇に繋がります。
指値注文での利確や逆指値注文で損切りラインを設定したい時、操作方法がわからなければ、ここぞという時のタイミングを逃す可能性があるからです。

重要
自分に合った取引業者やツールを選び抜くことはトレーダーにとって必須事項

地政学リスク、政策発表等の重要なニュースが発表された時はすばやく反応するセンスを身に着けることが今後勝利していく上で大切なスキルです。

「うっかりミス」をしないために3か月という限られた期間ではありますが、自分の資金を使わずに操作方法を体験できるのが一番のメリットだと思います。

 

また、リスクゼロで取引を行える点もメリットとして挙げることができます。

バーチャル資金が500万円も用意されており、仮に資金が50万円以下になったとしても追加で500万円がもらえるようになっています。

本物の取引であれば大抵は10万円くらいからスタートしますよね。
ですが、
デモ口座ではできてしまうのです。
これはある意味デメリットに通ずる部分でもあるので後述したいと思います。

DMMFXデモ口座のデメリット

資金が本物ではないのでメンタルトレーニングにはなりません。

これはDMMFXのデモ口座のデメリットだと言えます。
いきなり500万円のバーチャル資金があったら、遊んでしまう気持ちが誰にでも出てしまうのではないでしょうか。

米ドル円であれば500万円の資金だと100Lotの取引が出来ます。
100Lotは1円動くと100万円の利益か損失かという世界です。

実際の資金を使った取引と、デモ口座を利用した取引では、精神にかかるストレスが大きく異なります。そういった意味ではデモ口座を活用してメンタルトレーニングを行うには向いていません。

デモ口座では本番を想定して3Lotくらいからの取引で始めつつ、成行注文、指値注文、逆指値注文など注文の仕方を覚えて、買うタイミング、売るタイミング、損切りのタイミングを身に付けることを意識しましょう。

DMMFXのデモ口座はプレミアチャートが使えません。
DMMFXにはプレミアチャートという非常に便利なツールがあります。チャート分析や経済指標の発表などを見逃さないために工夫がなされたツールです。

残念ながらDMMFXデモ口座を開設した段階ではプレミアチャートは使えません。
新規口座開設を行うことがプレミアチャート利用の条件であり、口座開設自体は実際のお金を入金せずとも可能ですので、デモ口座を使う場合でも新規口座開設はしておきましょう。

新規口座開設をしてからプレミアチャートを使いつつ、デモ取引を行うのが最高の組み合わせだと思います。

☑アドバイス
デモ口座で取引する場合でも、プレミアチャートを利用するために新規口座開設を行うのがおすすめ

 

3か月という利用期限もデメリットとして挙げることができます。
期限の縛りがある点は不便ですが、3か月もあれば十分に練習できるとは思います。
デモ口座を開いてからパソコンや
スマートフォンの操作方法、また雇用統計などの重要な経済指標の時間帯の値動きを体験するには十分です。

むしろ、だらだらしてしまうと何も身に着かなくなってしまうので短期集中型で取り組まれることをオススメします。

DMMFXデモ口座での実際の取引方法

各国の金融政策会合

それではDMMFXデモ取引についてご理解いただけたでしょうか?
次は、DMMFXデモ口座の開設方法について紹介していきます。

DMMFXのデモ口座開設は1分で可能

DMMFXデモ口座の開設はたったの1分でできます。
身分証明書もいりません。メールアドレスだけでできます。

まずはDMMFX公式サイトでデモ口座開設のページにアクセスします。

(引用元:DMMFX公式サイト)

この画面が出てきたら「ユーザー登録」をクリックしてください。このような登録画面が出てきます。

 

(引用元:DMMFX公式サイト)

デモ口座で登録するニックネーム、メールアドレス、パスワードを入力します。
すると1分も経たないうちにメール通知が来きます。

DMMFXから送られてきたメールですが

  • デモ口座のログインIDとパスワード
  • あなたのデモ口座にはバーチャル資金500万円が入金されていること
  • 有効期限も3か月以内であること

といった内容になっています。

それではデモ口座のログインIDとパスワードを使ってログインしてみましょう。

DMMFXデモ口座へログイン

DMMFXの公式サイトデモ口座のログイン画面から「ログイン」します。

(引用元:DMMFX公式サイト)

すると初心者向けの「スタンダード」と上級者向けの「プラス」の選択する画面が出てきますので、まずは初心者向けのスタンダードを選択してみてください。

DMMFXデモ口座と本物の比較【DMMFXスタンダード】

DMMFXデモ口座・スタンダードの画面を見る前に前に、本物の画面を見てみましょう。

こちらが本物のDMMFXスタンダードの画面です。

下記の画面がDMMFXのデモ・スタンダードです。

本物のDMMFXスタンダードとほぼ変わらないのが分かります。
しかし、DMMFXデモ口座には「プレミアチャート」が付いていません。

DMMFXデモ口座と本物の比較【DMMFXプラス】

続いてDMMFXプラスについてです。
デモ口座と、本物のDMMFXプラスの画面を比較してみましょう。

こちらはDMMFXプラスの画面です。

下記の画面がDMMFXデモ口座の、プラスツールになります。
本物のDMMFXプラスとほぼ変わらないですね。DMMFXデモ・プラスも「プレミアチャート」が使えません。

スマートフォンアプリ「バーチャル」

こちらが本物のDMMFXスマートフォンアプリDMM FX for smart phoneの画面です。

下記がDMM FXのスマートフォンアプリ バーチャルの取引画面です。スマートフォンアプリでも本物と特に変わりはありません。

 

まとめ

DMMFXではデモ口座を開設すると、本物の取引と変わらないツールを使う事ができます。

3か月期限付きではありますが、その3か月の間に各取引ツールの操作に慣れてしまいましょう。そうすることで、本番の取引をより有利に行うことが出来ます。

当然ですが、FXで利益を出すには注文の仕方、決済の仕方、損切りの仕方を十分に行えることが前提です。
やみくもにトレードするためではなく、勝つためのトレードを学ぶ修業期間であることは決して忘れないでください。

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

関連記事DMM.com証券[DMM FX]をメイン口座に使う29人へのAkiアンケート

DMM.com証券 現役トレーダー478人中29人のメイン口座として利用 “DMM.com証券[DMM FX]”

DMM.com証券は、FX業界で初めて75万口座を突破※したFX会社です。会社の規模が大きく、信頼性があることから多くの人から支持されています。また、あらゆる手数料が無料で、業界初のいつでもLINEで問い合わせ可能にするなど初心者から上級者まで安心して使えるFX会社です。 ※2020年1月31日当社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。
スプレッドの大きさ 83点 スプレッドの安定性 83点 スワップ 74点
取引ツール(アプリ等含む) 76点 情報量(ニュース) 74点 通貨ペアの豊富さ 69点
サポート 73点 キャンペーン 69点 約定力 75点
スプレッドの大きさ 83点 スプレッドの安定性 83点 スワップ 74点
取引ツール(アプリ等含む) 76点 情報量(ニュース) 74点 通貨ペアの豊富さ 69点
サポート 73点 キャンペーン 69点 約定力 75点
取引手数料 スプレッド (ドル円) 取引通貨単位 通貨ペア サポート体制 キャンペーン
無料 0.2銭 10,000通貨 20通貨ペア 平日24時間 もれなく20,000円キャッシュバック
取引手数料 スプレッド (ドル円) 取引通貨単位
無料 0.2銭 10,000通貨
通貨ペア サポート体制 キャンペーン
20通貨ペア 平日24時間 もれなく20,000円キャッシュバック

DMM.com証券[DMM FX]を選ぶべきポイント

Point.1
FX口座数 75万口座突破!
FX口座数が75万口座を突破(※)。会社の規模も大きく、信頼性があることから多くの人から支持されています。 ※2020年1月31日当社調べ。DMM FXと外為ジャパンFXを合算した数値になります。
Point.2
業界初!24時間LINEで問い合わせ可能!
FX業界で初めてLINEでの問い合わせ対応を開始。FX初心者でも安心してトレードを始めることができます。
Point.3
あらゆる手数料が無料
出金手数料、口座維持手数料、クイック入金手数料、ロスカット手数料、口座開設手数料が0円

DMM.com証券[DMM FX]の特徴

・プレミアチャートなら29種類のテクニカル指標を利用可能 ・「売買比率の確認」機能など他の会社ではあまり提供してないような情報が多い ・「ポップアップ機能」で多忙な人でも取引チャンスを逃さない ・365日、24時間クイック入金サービス対応 ・業界初のLINEカスタマーサポート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です