自国通貨安で起こりうる預金封鎖とは?その原因を徹底解説!

アジア通貨危機

皆さんは、預金封鎖という言葉を聞いたことがあるでしょうか?預金封鎖とは、その名の通り預金が国によって封鎖されることをいいます。

現代社会において預金封鎖なんて行われるわけがないと思っている方もいるでしょう。しかし富裕層を中心に、日本における預金封鎖は警戒されています。

預金封鎖の実施が警戒されている原因を知れば、多くの方は預金封鎖の可能性について考えることになるでしょう。

今回は、預金封鎖について詳しく説明していきます。この記事を読めば預金封鎖についてしっかり理解することができます。

預金封鎖とは

預金封鎖

預金封鎖とは、先ほども述べましたが、国が預貯金を凍結し、自由にお金を引き出すことができないことをいいます。預金封鎖は過去に実際に実施されており、なんと戦後日本でも実施されています。

まずは、過去に起きた預金封鎖の事例について理解していきましょう。

過去の預金封鎖の事例

過去の預金封鎖の事例

戦後に預金封鎖を行った国は、以下の7か国になります。

1946年  日本
1990年  ブラジル
1998年  ロシア
2001年  アルゼンチン
2002年  ウルグアイ
2013年  キプロス

 

2000年に入っても3か国が預金封鎖を行っています。この中から、日本・アルゼンチンの預金封鎖の事例をみていきましょう。

戦後日本

戦後日本の預金封鎖は、1946年2月6日に発表され、翌2月7日に実施されました。当時の日本が預金封鎖に踏み切った理由はすばり、ハイパーインフレです。

ハイパーインフレを生んだ主な理由は、2つです。

  1. 国の借金
  2. 金融資産の膨張

 

まず、国の借金ですが、当時の日本の借金は、GDPの2倍でした。「現在の日本の借金もGDPの2倍くらいある」と思われた方もいると思います。

確かにその通りなのですが、当時の日本と現在の日本では状況が違います。当時の国民は国を信用していなかったので、銀行にお金を預けることをためらっていました。銀行にお金を預けても全額出金するなどの事態が頻発していたのです。

今の日本で銀行を信用できない人は、少ないと思います。もちろんタンス預金をしている人も多いですが、基本的に銀行を信用して大半のお金を預けていると思います。

銀行は、出金に備えて、お金の準備をする必要があります。しかし、現在の日本において全額預金を引き出すことはほとんどないため銀行に準備しておくお金は、預金残高の10分の1程度で済みます。

しかし、当時の日本は、多額の出金が頻発していたため銀行は預金残高に近い現金を用意しておく必要がありました。

結果として、日本銀行が膨大なお金を刷ることになり、お金があふれかえるようになってしまいました。

お金を乱刷した結果、個人や法人が保有する金融資産はどんどん膨張するようになったのです。金融資産が膨張しても食料品などの生産量は変わらないので、当然ですが、モノの値段が大きく上昇することになりました。お金の価値が下がり、モノの値段が上がるハイパーインフレが起こってしまったのです。

アルゼンチン

2001年12月にアルゼンチンは、預金封鎖を実行しています。アルゼンチンの預金封鎖の主な原因は、2つあります。

  1. 自国通貨であるアルゼンチンペソの暴落
  2. ハイパーインフレ

 

当時のアルゼンチンはドルペッグ制(ドル固定相場)を採用していました。ドルペッグ制を採用すると自国通貨とドルが連動することになるので、ドルの信用力を背景に自国通貨が安定します。

しかし、自国通貨が安定する一方、為替政策を取りづらいというデメリットがあります。特に不況の時は、本来なら通貨安になるところ、ドルが強い場合には、つられて自国通貨は高くなり、輸出を中心に不利になります。

当時のアルゼンチン経済は、隣国であるブラジルにかなり依存をしていました。当時のブラジルは経済危機によって、大幅なレアル安になっており、ドルペッグを採用するアルゼンチンには不利な状況でした。

政府はドルペッグから変動相場に移行しようとしましたが、失敗してしまい、アルゼンチンペソの価値は失墜してしまいました。

アルゼンチンペソの信用力は地に陥ってしまったので、アルゼンチンペソでモノを買う時の価格は暴騰したのです。

戦後日本と同様にハイパーインフレが起こってしまい、ハイパーインフレを抑えるために、預金封鎖を実施しました

預金封鎖の原因

預金封鎖の原因

今までのところで戦後日本とアルゼンチンの預金封鎖の実例について説明してきました。預金封鎖を実施する主な原因は2つです。

  1. 通貨の価値が暴落しハイパーインフレが起ていること
  2. 国の借金が返せないレベルになってしまうこと

 

それぞれの原因について詳しく説明していきます。

通貨の価値が暴落しハイパーインフレが起きていること

戦後日本の場合も、アルゼンチンの場合も通貨の価値が下落しハイパーインフレを引き起こしてしまいました。

通常、通貨安になると輸出など経済活動には有利です。しかし、それはあくまで通貨の信用力があってこそです。通貨の信用力が暴落してしまうと、誰もその通貨を買う人はいません。

結果的に通貨の価値は暴落します。通貨の価値が暴落すると、誰もその通貨を信用していないので、モノの価値が急騰しハイパーインフレを引き起こしてしまうのです。

国は預金封鎖を行うことにより通貨の流通量を減らすことでハイパーインフレを沈静化させようとするわけです。

ポイント
通貨安になる(通貨が暴落する)
  ⇩
通貨の信用力がなくなる
  ⇩
お金の価値が低くなることで相対的にモノの価値が急騰する
  ⇩
ハイパーインフレが起きる
  ⇩
通貨を流通を減らすために預金封鎖を実行する

 

国の借金が返せないレベルになってしまうこと

国の借金が返せないレベルになってしまうと、国は借金を返すために、お金が必要になります。

一番手っ取り早い方法が、国民から資産を没収することです。預金封鎖と併せて資産税を貸すことによって国は借金を返済することができます。資産税を課すには、国民一人一人の保有資産を正確に把握することが必要になります。

ポイント
国の借金が返せない
  ⇩
国民の資産から徴収しようとする
  ⇩
預金封鎖を実行する

 

預金封鎖を実施すれば、今持っているお金は引き出すことができなくなり、新札に切り替えをして旧札を使えないようにすればタンス預金も把握することができるのです。

預金封鎖に対抗する方法

外貨預金

預金封鎖に対抗する方法は、ずばり、円以外の資産を保有することです。日本の金融機関に外貨預金を持っている場合は、預金封鎖によってお金が引き出せなくなってしまう可能性があります。

しかし、海外の金融機関に外貨を保有すれば、日本の法律が届かないことになるので、資産を保全することができます。

まとめ

まとめ

今回は、預金封鎖について説明しました。日本で預金封鎖が行われる可能性は低いと多くの方は思っているかもしれませんが、現在の国の借金状況やコロナウィルス対策に失敗し、致命的な経済的なダメージを受けた場合、円の信用力は失墜するかもしれません。

現実に富裕層が預金封鎖の対策をしていることを考えても今後日本で預金封鎖が起こる可能性は決してゼロとは言い切れないのです。

関連記事アベノミクスと為替相場の関係性を解説!円安になるとどうなる?

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です