新興国からの資金流出が加速!コロナショックの新たなリスク顕在化?

コロナショック

新型コロナの影響で新興国からの資金流出が加速しています。

それもこれまでに考えられなかったスピードでそれが起こっているようです。

5月3日の日経朝刊によると次のように指摘されています。

国際金融協会(IIF)が、新型コロナの感染拡大が中国で本格化した1月20日を起点に、4月29日までの100日間の資金流出の累計額を算出したところ、1000億7000万ドルに達した。

100日間の流出ペースを過去と比べると2008年のリーマン・ショック(約236億ドル)の4.2倍、15年の中国ショック(約95億ドル)の約11倍で、コロナ禍の衝撃の大きさを映している。

新型コロナウイルスの感染拡大で急速に進む財政悪化への不安が強まっているためだ。

急速な通貨安で新興国のドル建て債務の負担はさらに増す

米日欧の中央銀行による大量資金供給で市場は落ち着きを取り戻したかに見えるが、新興国が新たな火種になりかねない。

急速な資金流出は新興国通貨の相場急落を招いています。

ブラジルレアル

19年末比の対ドル相場の落ち込みが最も大きい新興国通貨は約40%(4月25日最大)下げたブラジルレアルで、対円でも4月下旬に

最安値を更新し、4/27に30%の下落を記録しています。


引用元:SBI証券

南アフリカランド

次に下落の激しかったのは南アフリカランドで、4/23に36.5%の下げとなっています。対円では27.4%の下げになっています。


引用元:SBI証券

トルコリラ

トルコリラも最安値圏にいます。

ただ、同期間では前者2通貨に比べ、下げ幅はそれほど大きくはありませんでした。

対ドルでは4月下旬の最安値ポイントで17.4%の下げに留まっています。

ただ、トルコリラは前出の2つの通貨と違って、直近でも最安値を更新し続けているのが気がかりです。


引用元:SBI証券

トルコリラは下げ幅が先月までは比較的小さかったせいで、テクニカルにブラジルと南アを追いかけているのかもしれません。

しかし、コロナ禍の大きさは、他発展途上国より図抜けて大きくなり始めていることも一因となっているのかもしれません。

トルコは新型コロナの感染者は129,491人(世界8位)と大きく、死者数は3,520人にもなっています。

もっともブラジルの感染者も115,953人(世界9位)、死者数は7,958人と極めて大きく、両国とも医療崩壊が起こってしまっている可能性が高いと思われます。

レポートを書いている5/6の時点でもトルコリラは対ドルで依然として18年の8月につけた史上最安値をトライしています。

18年8月以降高金利と中央銀行などの介入でリラを支えてきたので、リラはだいぶ戻したのですが、この最安値を超えてしまうのは時間の問題かもしれません。

昨年シリア侵攻をして戦費もかさむトルコですが、再び大きな介入をする力が残っているのでしょうか?

トルコは対外債務が大きな国でもあります。

先行きに大いに不安が残ります。

対円では現在15円を切り始めており14.904が現在値です。

すでに史上最安値を更新してしまっています。

マレーシアリンギット

もう少し調べてみましょう。

次はマレーシアリンギットです。

リンギットが対ドルで史上最安値を付けたのが1998年初頭でしたが、その数値に最近近づいていたものの3/23の最近の安値をつけて(同8.5%の下げ)以来、現在は対ドルで回復しています。

インドネシアルピアはマレーシアリンギット同様1998年に付けた史上最安値に接近(19.6%ダウン)しましたが、現在では落ち着きを取り戻しています。

引用元:SBI証券

インドルピーは史上最安値を更新中で7.8%ダウンとなっています。

メキシコペソ

新興国ではありませんが、中心国としてメキシコペソはどうでしょうか?同タイミングで34%も対ドルで下落しています。


引用元:SBI証券

対円でも最安値を更新していますが、25%の下げです。

最安値は4/24の4円30銭でした。

ただ、メキシコは中国からサプライチェーンを外す動きが各国で進むと最もポテンシャルの高い国の一つです。

中国人民元

最後にオフショア中国人民元ですが、同2.7%の下げを記録しています。


引用元:SBI証券

新興国の財政の持続性への懸念

資金流出の背景には新興国の財政の持続性への懸念があります。

リスクオフの時はドルや円に資金が流れる傾向があるのは市場の常ですが、一部の例外を除いてほとんどの通貨が対ドルで史上最安値を更新しています。

日経新聞によると、コロナ禍による民間需要の落ち込みを埋める経済対策や医療の整備で財政支出は急速に膨らんできていて、マレーシアでは国内総生産(GDP)の18%に当たる対策を打ち出しましたし、インドネシアは1997年のアジア通貨危機の再発を防ぐ目的で設けた財政規律ルールを一時的に棚上げもしたようです。

国際通貨基金(IMF)は新興国の20年の財政赤字がGDP比8.9%になると予測を下方修正しています。

半年前の予測の1.8倍に急拡大したことになります。

インドネシアや南アフリカは同比率が過去最大に膨らむこととなり、ブラジルなど産油国は原油安の打撃も重なります。

コロナ感染者数と死者数の比較

ちなみに、当該各国のコロナ感染者数と死者数を比較してみましょう。

感染者数 死者数
トルコ 129,491人 3,520人
ブラジル 115,953人 7,958人
南アフリカ 7,572人 148人
マレーシア 6,383人 106人
インドネシア 12,071人 872人
インド 49,436人 1,695人
メキシコ 26,025人 2,507人
中国 82,883人 4,633人

日経新聞の記事によると、新感染拡大がピークを越えた中国人民元は通貨がひとまず安定していますが、通貨安に苦しむ新興国では

感染はまだ拡大中のようです。

新興国全体の1日あたりの新規感染者は、4月初めの1万人超から下旬には一時約3.8万人まで急増。

感染拡大に歯止めをかけられなければ、さらなる財政対応を迫られることになります。

コロナ封じ込め後のV字回復!?

米格付け大手S&Pグローバル・レーティングは1月以降、20カ国の信用格付けを下げました。

中期的に格下げの懸念がある「格下げ予備軍」も15カ国に及び、20年通年の格下げは、欧州債務危機で信用不安が広がった11年以来の多さになる可能性があるとしています。

信用リスクに傷がつけば、債務返済への疑念が高まり、国債金利の上昇など悪循環に結びつきます。

このように、記録的な水準に積み上がった新興国の借金は世界経済の先行きに暗い影を落とす次のリスクとなり得ます。

国際金融協会(IIF)によると政府・民間分あわせた負債は71兆ドル(7560兆円?!)と過去最大で、GDPの2.2倍にも及ぶ額とか。

同比率はリーマン危機前の07年でも1.5倍弱だったのですが、負債の1割程度はドル建てで、通貨安はドルで支払う利子や元本の負担を実質的に重くすることになりますので、直近のドル高通貨安は深刻です。特にトルコが気になります。

今より1か月半程前、原油暴落が続いていたころ、米連邦準備理事会FRBが無制限の金融量的緩和をすると発表しました。

その後FRBのバランスシートはグラフが垂直になるようなとんでもない勢いで増えています。

そして「あらゆる範囲の手段を使う」パウエル議長が4月29日、追加の経済下支え策を検討する考えを示しています。

世界の中銀が必死に市場の火消しに動くものの、新興国からの資金流出は次のメジャーなリスクになりかねません。

もっとも、コロナの封じ込めに成功すれば、これらの国々から流出している資金は再び戻ることになり、その場合はV字回復間違いないといえます。

著者プロフィール

memo
ウィンインベストジャパン( https://win-invest.co.jp/ ) 齊藤トモラニ 老舗FXスクール代表。 FX会社主催のセミナー講師としても活躍する。 著書に『簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード』 ロンドンfxの松崎美子さんと一緒にYouTube「fxの流儀」を配信中 <FXの流儀youtubeチャンネル> https://www.youtube.com/channel/UC30w5H2MGSs6wP1YFjPeXBg

 

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です