バフェットが銀行株を売却!今後はシモンズのメダリオンに注目!?

バフェット,シモンズ,メダリオン

5月16日のブルームバーグによれば、次のように伝えられています。

ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは15日、ゴールドマン・サックス・グループ株式の持ち分を1-3月(第1四半期)に84%減らして192万株としたことを当局への届け出で開示した。

バークシャーはゴールドマン株を長期保有しているが、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う金融市場の混乱で、同社の株価は1-3月期に33%近く下落した。

 

バークシャーとゴールドマンサックスの関係は08年のリーマンショック時に遡ります。

バフェット氏は当時、窮地に追い込まれていたゴールドマンに救いの手を差し伸べました。

もともとバフェット氏はよくわからないものに投資することはしない主義だったのですが、にもかかわらず宗旨替えをして大株主となっていました。

 

そのゴールドマンサックスを売るということは、航空株売却の時と同様、「世界は変わった」という理由のようですが、米銀株はバフェットの「お気に入り」として知られているセクターです。

ゴールドマンのほか、バンク・オブ・アメリカやウェルズ・ファーゴ、JPモルガン・チェースの大株主として名を連ねており、バフェットは米経済の将来に「強気」で、その恩恵を最も受ける米銀株を好んでいたと言われています。

ただ、今回はJPモルガン株、米大手地銀であるUSバンコープ株の一部売却もしています。

筆者の理解では5~10年単位でみてこの辺の銀行にあまりもう成長は期待できないだろうとのバフェットの氏の判断なのでしょうか?

 

ただ、バークシャーのポートフォリオ全体で観てみると、売却したどの銀行も大きなシェアはもっておらず、メジャーな判断ではなく単なるポートフォリオの調整だったのかもしれません。

ただ、バフェット氏が売ったという事件性のほうが高かったことになったのでしょう。

バークシャーのポートフォリオ全体のシェアのうちのゴールドマンサックスのシェアは1%強に過ぎず、JPモーガンも3%強ですが、売却したのはそのうちの3%程度の話でした。

銀行株でバークシャーのメジャーなポジションはバンク・オブ・アメリカの13.46%ですが、それにまったく手を付けていません。

 

こんなバフェット氏も手を焼いている現在のコロナ危機マーケットですが、市場の大混乱にめっぽう強いヘッジファンドマネージャーもいます。

それが、ルネサンス・テクノロジーズという米大手ヘッジファンドです。

このヘッジファンドは、ジム・シモンズ氏によって創設されましたが、公に姿を現さないヘッジファンドマネージャーが多い世界でも特に秘密になりがちな人、それがシモンズです。

謎に包まれたその人物像と運用の一端がこのほど、2020/5/11の日経新聞で紹介されました。

日経新聞の記事によると次のように書いています。

シモンズ氏は著名な幾何学者であり、研究者時代に取り組んだ暗号解読からアルゴリズム(算法)を駆使したコンピューター取引の着想を得たという。

曲折を経て経済観測や企業業績予想を排除し、価格情報の解析技術の開発だけに集中。

1980年代後半に旗艦ファンド「メダリオン」を立ち上げた。

2019年に発行された「THE MAN WHO SOLVED THE MARKET(市場を解明した男)」(グレゴリー・ザッカーマン著、ペンギン・ランダムハウス刊)で初めていろいろなことが伝わるようになった。

ザッカーマン氏の著書によればメダリオンの運用総額は100億ドル(約1兆600億円)に上る。

資金が増えすぎるとうまく運用できないという理由で過去に外部マネーを締め出し、現在の投資家は従業員など「インサイダー」に限られるとされる。

メダリオンのアルゴリズムは金融商品の価格履歴から学習した相関性だけをひたすら追いかけるというのが、多くの市場関係者の共通認識だ。

例えば、値動きが過去と比べ極端にかけ離れた2銘柄をコンピューターが探し回り、その収束に賭けるやり方が考えられる。

だから、メダリオンに因果関係を問うのはナンセンスだ。

膨大なチャート資料から価格サイクルの法則性を発見し、伝説的トレーダーと呼ばれる20世紀前半の米テクニカルアナリスト、ウィリアム・ギャンとシモンズ氏はどこか似通う。

数秘術的なアプローチというのも共通点だ。

 

ところで、20世紀前半のテクニカル手法の2大巨頭といえば、RNエリオット(1871年7月28日 – 1948年1月15日)とウィリアム・ギャン(1878年6月6日 – 1955年6月18日)というアナリストです。

以前紹介したマクロヘッジファンドマネージャーのポール・チューダー・ジョーンズがメインに使っている取引手法は、エリオット波動による逆張りで、数日から数週間というスウィングトレードを得意としていることで有名です。

エリオット理論は正しく適用さえすれば相場の転換点を当てるには最も強力な武器になります。

 

一方、メダリオンのシモンズはその難解なギャンの手法を使っているようです。

バフェットとシモンズの成績を直接比較するのは手法、市場が全く異なるので、ナンセンスです。

バークシャーの投資スタイルは割安株を発掘し、数少ない銘柄を長期保有する、つまり、上昇という方向性に賭ける手法です。

これに対してメダリオンは投資指標を無視し、数多くの銘柄を短期売買します。

“市場のずれ”、“ミスプライス”を狙ういわゆるアービトラージ系のトレード手法です。

2人はまったく正反対です。

 

ということで、両者を直接比較するのナンセンスですが、どっちがどのくらい儲けてきたのかと比較するとそのすごさが分かるというものです。

メダリオンはバークシャー・ハザウェイが497億ドルの最終赤字に陥った2020年第1四半期にも成果を残しました。

4月17日付のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)電子版によれば、メダリオンの年初から4月14日までの運用成績はプラス24%だったといいいます。

3月前半はやられましたが、株式相場が持ち直した同月下旬以降、取り返したようです。

 

米株が急落し、ボラティリティーが高い年は、メダリオンは得意です。バークシャーは不得意でしょう。

その代わり、米株式相場が上昇し、ボラティリティーが比較的落ち着いている年のバフェットは右に出る人はいません。

 

でも、まれにどちらもだめな市場もあるようです。

それが、今回のコロナ危機の暴落時のマーケットのようです。

暴落中に稼ぐのは「ショートセラーズ」だけかもしれませんが、暴落し終わってボラティティがまだ高いような局面ではミスプライスが起こりやすいので、シモンズAIプログラムはすごい成績を残せるようです。

ここからは、しばらくシモンズのメダリオンに注目です。

関連記事【初心者向け】ヘッジファンドとは?5種類のファンドの特徴を解説!

著者プロフィール

memo
ウィンインベストジャパン( https://win-invest.co.jp/ ) 齊藤トモラニ 老舗FXスクール代表。
FX会社主催のセミナー講師としても活躍する。
著書に『簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード』
ロンドンfxの松崎美子さんと一緒にYouTube「fxの流儀」を配信中
<FXの流儀youtubeチャンネル> https://www.youtube.com/channel/UC30w5H2MGSs6wP1YFjPeXBg

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です