本日(3/23)の経済指標の重要度&注目ポイント

発表 通貨 経済指標 重要度ランク 前回予想 前回結果 前回為替変動 予想
14:00 2月消費者物価指数(CPI)(前年比) C 0.9% 0.8% - 0.5%
17:30 2月消費者物価指数(CPI)(前年比) C 3.1% 1.4% - 1.6%
21:30 1月卸売売上高(前月比) B -0.1% -1.1% +10pips(カナダドル円) -
24:00 3月消費者信頼感(速報値) B -8.2 -6.6 - -13.0
発表 通貨 経済指標 重要度ランク 前回予想 前回結果 前回為替変動 予想
14:00 2月消費者物価指数(CPI)(前年比) C 0.9% 0.8% - 0.5%
前回予想:0.9%
前回結果:0.8%
今回の予想:0.5%
17:30 2月消費者物価指数(CPI)(前年比) C 3.1% 1.4% - 1.6%
前回予想:3.1%
前回結果:1.4%
今回の予想:1.6%
21:30 1月卸売売上高(前月比) B -0.1% -1.1% +10pips(カナダドル円) -
前回予想:-0.1%
前回結果:-1.1%
今回の予想:-
24:00 3月消費者信頼感(速報値) B -8.2 -6.6 - -13.0
前回予想:-8.2
前回結果:-6.6
今回の予想:-13.0
※重要度ランクについて、SS>S>A>B>Cの5段階評価で掲載しています。

先日の結果

19:30 ロシア中銀政策金利 予想6.0% 結果6.0%
23:00 米2月中古住宅販売件数 予想0.7% 結果6.5%

先日、FRB、ECB,日銀が揃って緊急の資金供給策を打ち出したこともありNY株式市場が小幅ながら下げ止まりから反発。

ドルも堅調な地合いでシドニー市場にバトンタッチ。

しかし、日本が春分の日で休場となるアジア市場でドルは売りからスタート。

週末の持ち高調整的な動きが先行する中でドル円は早朝付けた高値111.36銭から109円33銭まで2円余り下落。

ただ、アジア株は堅調な地合いとなったことから円売りの動きが強まりクロス円は全般に堅調な地合いで推移。

調整一巡した欧州市場では再びドル買いが先行。

ドル不足の状況は依然として懸念される中でドル買いの流れが強まった。

NY市場では欧州株価上昇の流れからNY株も堅調な地合いで始まったもののすぐにマイナスに転じるなど不安定な動きが続いた。

その後発表された米2月中古住宅販売件数は予想を大きく上回ったが反応はなし。

ほぼ同時刻にFRBが日銀やECBなど5中銀を対象に米ドルの資金供給策を拡大すると発表したことでドル売りに反応した。

しかし、下落は一時的で寧ろドル買いが強まりその後上昇に転じた。

一方NY株式市場は前日と打って変わり三指数ともに大幅安。

NY州やカリフォルニア州などで出勤禁止令が発動されるなど依然としてウイルス感染拡大による不安が市場の足枷となった。

結局ドル円も111円50銭の高値を付けるなどドル全面高の流れと株価下落の流れが続いて終了。

本日の相場注目点

ドル高と株の乱高下は今週も継続。

各国中銀が揃って大規模資金供給を実施。

FRBも5中銀を通じて日欧の民間銀行にドル融資を拡大するなど、市場のドル不足を補った。

しかし、それでもドル高の流れに変化は見られず、いかに安全なドル需要が大きいかを知らされた格好だ。

ただ、これら大規模景気対策や金融政策はいずれ効果は現れることは間違いない。

それにはウイルス感染拡大に目途が立ち市場の不安が縮小することが確認される時だろう。

そして、その時の市場の変化のサインとなるのが原油価格の動きだろう。

2月24日に始まったNY株式市場の急落のきっかけは原油の急落だった。

112円前半の高値を付け更に上昇が見込まれたドル円もその日から下落に転じた。

ドル売りが先行する中で3月9日には101円18銭の安値を付けた。

しかし、この時からドルが上昇に転じるなど流れが一転した。

それまではリスク回避の円買いと同時にドル売りも進行。

米長期金利が低下したことでドル売りが強まり、結果的にFRBに対する利下げの催促相場となった。

3月3日に実際に利下げに踏み切るとドルも下落幅が拡大するなどこれまでの市場の反応と変わらなかった。

しかし、週明け3月9日早朝に原油価格が急落したことを機に相場の流れは一転。

NY株式市場は最初のサーキットブレーカーが発動され相場の大混乱は始まった。

そして安全な基軸通貨のドルが一気に買われ始めた。

流れが変わって既に2週間となるが、今週もドル買い株安の流れに乗っていく。

この流れが完全に転換するまでは逆らわずについていくしかない。

しかし、日中だけで2円余り下落するなど大抵のドルロングは振り落とされてしまう。

天井で売って底値で買うのは宝くじを当てるようなもの。

腹六分で十分。

当サイトの免罪事項・注意事項
※指標の予想の数値の部分について:ヒロセ通商、みんなのFX、みんかぶFX、Investing.comから情報の提供を受けております。掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。
また、情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当サイト管理人および情報提供元は一切の責任を負いません。
※重要度ランクについて:当サイト管理人の経験と独断で付けています。
SS>S>A>B>Cの5段階評価で掲載しています。

人気記事現役トレーダー1000以上に聞いた!FX会社人気総合ランキング!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です