本日(7/31)の経済指標の重要度&注目ポイント

発表 通貨 経済指標 重要度ランク 前回予想 前回結果 前回為替変動 予想
08:30 失業率 C 2.8% 2.9% - 3.0%
08:30 有効求人倍率 C 1.22倍 1.20倍 - 1.15
08:50 鉱工業生産・速報値(前月比) C -5.9% -8.4% - 0.9%
08:50 鉱工業生産・速報値(前年比) C -23.1% -25.9% - -19.1%
10:30 四半期卸売物価指数(PPI)(前期比) A - +0.2% -5pips(豪ドル円) -
10:30 四半期卸売物価指数(PPI)(前年同期比) A - +1.3% -5pips(豪ドル円) -
14:00 新設住宅着工戸数(前年比) C - -12.3% - -12.6%
14:00 消費者態度指数・一般世帯 C - -6.1% - -
14:30 国内総生産(GDP、速報値) B -4.0% -5.8% - -15.2%
15:00 小売売上高指数(前月比) B 3.5% 13.9% - -3.0%
15:00 小売売上高指数(前年比) B -3.2% 3.8% - 3.0%
15:00 ネーションワイド住宅価格 B -0.6% -1.4% - -0.1%
15:45 消費者物価指数(CPI、速報値)(前月比) B 0.3% -0.1% - -0.1%
15:45 消費者物価指数(CPI、速報値)(前年比) B 0.4% 0.1% - 0.3%
18:00 四半期域内総生産(GDP、速報値)(前期比) A -3.8% -3.8% +2pips(ユーロ円) -12.0%
18:00 四半期域内総生産(GDP、速報値)(前年同期比) A -3.4% -3.3% +2pips(ユーロ円) -14.5%
18:00 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年比) A +0.1% +0.4% +2pips(ユーロ円) 0.3%
18:00 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値)(前年比) A +0.7% +0.9% +2pips(ユーロ円) 0.8%
21:30 国内総生産(GDP)(前月比) S -12.0% -11.6% -3pips(カナダドル円) 3.5%
21:30 国内総生産(GDP)(前年比) S -16.9% -17.1% -3pips(カナダドル円) -14.7%
21:30 鉱工業製品価格(前月比) B +2.7% +1.2% - +1.1%
21:30 原料価格指数(前月比) B +30.0% +16.4% - +7.0%
21:30 個人所得(前月比) A -6.0% -4.2% -2pips(ドル円) -0.7%
21:30 個人消費支出(PCE)(前月比) A +9.0% +8.2% -2pips(ドル円) 5.4%
21:30 個人消費支出(PCEデフレーター)(前年比) A +0.5% +0.5% -2pips(ドル円) 0.9%
21:30 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比) A ±0.0% +0.1% -2pips(ドル円) 0.2%
21:30 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前年比) A +0.9% +1.0% -2pips(ドル円) 1.0%
22:45 シカゴ購買部協会景気指数 B 37.7 35.4 +4pips(ドル円) 43.9
23:00 ミシガン大学消費者態度指数・確報値 A 79.0 78.1 +2pips(ドル円) 72.8
発表 通貨 経済指標 重要度ランク 前回予想 前回結果 前回為替変動 予想
08:30 失業率 C 2.8% 2.9% - 3.0%
前回予想:2.8%
前回結果:2.9%
今回の予想:3.0%
08:30 有効求人倍率 C 1.22倍 1.20倍 - 1.15
前回予想:1.22倍
前回結果:1.20倍
今回の予想:1.15
08:50 鉱工業生産・速報値(前月比) C -5.9% -8.4% - 0.9%
前回予想:-5.9%
前回結果:-8.4%
今回の予想:0.9%
08:50 鉱工業生産・速報値(前年比) C -23.1% -25.9% - -19.1%
前回予想:-23.1%
前回結果:-25.9%
今回の予想:-19.1%
10:30 四半期卸売物価指数(PPI)(前期比) A - +0.2% -5pips(豪ドル円) -
前回予想:-
前回結果:+0.2%
今回の予想:-
10:30 四半期卸売物価指数(PPI)(前年同期比) A - +1.3% -5pips(豪ドル円) -
前回予想:-
前回結果:+1.3%
今回の予想:-
14:00 新設住宅着工戸数(前年比) C - -12.3% - -12.6%
前回予想:-
前回結果:-12.3%
今回の予想:-12.6%
14:00 消費者態度指数・一般世帯 C - -6.1% - -
前回予想:-
前回結果:-6.1%
今回の予想:-
14:30 国内総生産(GDP、速報値) B -4.0% -5.8% - -15.2%
前回予想:-4.0%
前回結果:-5.8%
今回の予想:-15.2%
15:00 小売売上高指数(前月比) B 3.5% 13.9% - -3.0%
前回予想:3.5%
前回結果:13.9%
今回の予想:-3.0%
15:00 小売売上高指数(前年比) B -3.2% 3.8% - 3.0%
前回予想:-3.2%
前回結果:3.8%
今回の予想:3.0%
15:00 ネーションワイド住宅価格 B -0.6% -1.4% - -0.1%
前回予想:-0.6%
前回結果:-1.4%
今回の予想:-0.1%
15:45 消費者物価指数(CPI、速報値)(前月比) B 0.3% -0.1% - -0.1%
前回予想:0.3%
前回結果:-0.1%
今回の予想:-0.1%
15:45 消費者物価指数(CPI、速報値)(前年比) B 0.4% 0.1% - 0.3%
前回予想:0.4%
前回結果:0.1%
今回の予想:0.3%
18:00 四半期域内総生産(GDP、速報値)(前期比) A -3.8% -3.8% +2pips(ユーロ円) -12.0%
前回予想:-3.8%
前回結果:-3.8%
今回の予想:-12.0%
18:00 四半期域内総生産(GDP、速報値)(前年同期比) A -3.4% -3.3% +2pips(ユーロ円) -14.5%
前回予想:-3.4%
前回結果:-3.3%
今回の予想:-14.5%
18:00 消費者物価指数(HICP、速報値)(前年比) A +0.1% +0.4% +2pips(ユーロ円) 0.3%
前回予想:+0.1%
前回結果:+0.4%
今回の予想:0.3%
18:00 消費者物価指数(HICPコア指数、速報値)(前年比) A +0.7% +0.9% +2pips(ユーロ円) 0.8%
前回予想:+0.7%
前回結果:+0.9%
今回の予想:0.8%
21:30 国内総生産(GDP)(前月比) S -12.0% -11.6% -3pips(カナダドル円) 3.5%
前回予想:-12.0%
前回結果:-11.6%
今回の予想:3.5%
21:30 国内総生産(GDP)(前年比) S -16.9% -17.1% -3pips(カナダドル円) -14.7%
前回予想:-16.9%
前回結果:-17.1%
今回の予想:-14.7%
21:30 鉱工業製品価格(前月比) B +2.7% +1.2% - +1.1%
前回予想:+2.7%
前回結果:+1.2%
今回の予想:+1.1%
21:30 原料価格指数(前月比) B +30.0% +16.4% - +7.0%
前回予想:+30.0%
前回結果:+16.4%
今回の予想:+7.0%
21:30 個人所得(前月比) A -6.0% -4.2% -2pips(ドル円) -0.7%
前回予想:-6.0%
前回結果:-4.2%
今回の予想:-0.7%
21:30 個人消費支出(PCE)(前月比) A +9.0% +8.2% -2pips(ドル円) 5.4%
前回予想:+9.0%
前回結果:+8.2%
今回の予想:5.4%
21:30 個人消費支出(PCEデフレーター)(前年比) A +0.5% +0.5% -2pips(ドル円) 0.9%
前回予想:+0.5%
前回結果:+0.5%
今回の予想:0.9%
21:30 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前月比) A ±0.0% +0.1% -2pips(ドル円) 0.2%
前回予想:±0.0%
前回結果:+0.1%
今回の予想:0.2%
21:30 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)(前年比) A +0.9% +1.0% -2pips(ドル円) 1.0%
前回予想:+0.9%
前回結果:+1.0%
今回の予想:1.0%
22:45 シカゴ購買部協会景気指数 B 37.7 35.4 +4pips(ドル円) 43.9
前回予想:37.7
前回結果:35.4
今回の予想:43.9
23:00 ミシガン大学消費者態度指数・確報値 A 79.0 78.1 +2pips(ドル円) 72.8
前回予想:79.0
前回結果:78.1
今回の予想:72.8
※重要度ランクについて、SS>S>A>B>Cの5段階評価で掲載しています。

昨日の注目指標&イベント結果

17:00 独4-6月期GDP統計[速報]
予想-9.0 結果-10.1
21:30 米4-6月期GDP統計[速報]
予想-35.0 結果-32.9
21:30 米新規失業保険申請件数
予想145万件 結果143.4万件

FOMC会合では量的緩和の充実やゼロ金利を長期に渡り継続することを改めて示された。

無難に通過したことで市場には安心感が広がるなかポジションの巻き戻しが強まりドル円は一時10530銭まで上昇。

ユーロも欧州市場にかけてドル買い戻しの動きが入ると1.1730まで下落した。

ドイツのGDPが予想よりも悪化したこともユーロ売りを促した。

このまま調整に入るかと思われたがNY市場ではドル売りが再開。

NY時間に発表された米GDPが歴史的な悪化を記録したことや、トランプ大統領が選挙日を延期する意向を示したことがドル売りに繋がった。

結局調整の巻き戻しはほとんど見られずこれまでのドル安ユーロ高、そしてポンド上昇の流れが継続。

ユーロドルは22か月ぶりの高値を更新。

ドル円は313日以来の安値を付けて引けている。

本日相場注目点

FOMCという最も注目されたイベントが無事に通過したことで相場の変動リスクが後退。

ポジションを持ちやすい状況ということからこれまでのドル売りが再開しユーロやポンドが買われている。

ポンドドルは日足で見ると10日連続陽線が続いている。

ユーロドルもこのひと月余り上昇が続いているが、それにしては殆ど調整らしい調整がない。

昨日の米GDPも歴史的な悪化ではあるが予想よりも良かった。

トランプ大統領発言も少し前であればリスクオフのドル買いに繋がりかねない。

それでもドル売りに反応するというのはどれだけドル離れが始まっているということかもしれない。

これまでのリスクオフやリスクオンにドルが連動する動きはみられず、頭で考えると動き出せない。

素直にドル売りの流れについていくことにするが、今日は週末で月末ということからポジションの巻き戻しが入りやすい。

また、来週からは外国勢は本格的な夏休みに入ることもあり、これまでの調整の動きが一気に高まるリスクには注意。

ドル円は105円を割り込んだことで下値目途としては19年8月の安値104円45銭付近。

3月9日に付けた101円18銭が意識される。

週足ドル円チャート

ユーロドルの上昇力の強さには舌を巻いてしまう。

FOMC会合で相場の流れが少し変わるかとみていたが1.1730を底に再び上昇。

調整らしい調整が全く見られずに上昇再開となった。

一瞬ユーロポンドの売りが強まり押される場面も見られたが、すぐに買いが入るなどユーロの強さはホンモノ。

フィボナッチ61.8%戻しの1.18ドルを上抜けたことで次の節目となる1.2ドルを目指す展開とみてよいだろう。

ユーロドル週足チャート