IG証券の詳細ページ


公式ページ引用

AkiFX.comへようこそ!

FXとは”Foreign Exchange”の略であり、正式には「外国為替証拠金取引」といいます。
ドルやユーロなどの外国通貨(為替)を交換・売買し、その差益を目的とした金融商品です。

しかし、FXで勝つためには、FX会社選びが重要になります。

なぜなら、FX会社ごとに提供しているツールや取引手数料、マーケット情報が異なるからです。

当サイトでは「 初心者でも簡単にかつ失敗しない為の業者選び 」を
様々な視点から紹介していきたいと思います。

この会社の簡単な概要!

IG証券 現役トレーダー478人中11人のメイン口座として利用 "IG証券"

IG証券は、イギリスのロンドンに本拠地を構え45年以上の歴史をもつIGグループの100%子会社です。100種類以上の通貨がトレード可能で、個別株の差金決済取引は16,000銘柄もあり、幅広い投資商品をそろえています。また、ノースリッページ注文なら滑らないので、約定力を重視するユーザーには最適のFX会社です。

スプレッドの大きさ
71
スプレッドの安定性
73
スワップ
70
取引ツール(アプリ等含む)
73
情報量(ニュース)
73
通貨ペアの豊富さ
81
サポート
71
キャンペーン・特典
66
約定力
80
スプレッドの大きさ
71
スプレッドの安定性
73
スワップ
70
取引ツール(アプリ等含む)
73
情報量(ニュース)
73
通貨ペアの豊富さ
81
サポート
71
キャンペーン・特典
66
約定力
80
取引手数料 スプレッド
(ドル円)
取引通貨単位 通貨ペア サポート体制 キャンペーン・特典
無料 0.2銭 10,000通貨単位 約100通貨 平日18時まで 最大50,000円キャッシュバック
取引手数料 スプレッド
(ドル円)
取引通貨単位
無料 0.2銭 10,000通貨単位
通貨ペア サポート体制 キャンペーン・特典
約100通貨 平日18時まで 最大50,000円キャッシュバック

IG証券を選ぶべきポイント

Point.1
驚異の約定力!ノンスリッページ注文なら全く滑らない!
約定拒否もスリッページもないということで、IG証券では希望した水準より不利なレベルでは約定しません。
Point.2
取引数量制限がなく、大口取引に有利
取引数量制限がないため、大口取引でもスプレッドは抑えることができます。
Point.3
スプレッドが業界最狭水準
IG証券は2019年10にドル円のスプレッドを0.3銭から0.2銭に縮小しています。

IG証券の特徴

・ノックアウトオプションならリスクを限定したトレードが可能
・幅広い投資商品があり、FX取扱銘柄数は100種類以上の通貨がトレード可能
・ノースリッページ注文なら滑らない脅威の約定力
・取引数量に制限がなく、大口オーダーでもスプレッドを大きく抑えられる
・大口顧客にはプレミアムサービスを提供(取引コスト優遇等)

こんな人にオススメ

・ノンスリップの滑らない約定力を求めている人
・取引数量が多い大口取引をしたい人
・ノックアウトオプションなどで資金効率の良いトレードをしたい人

IG証券の弱点

6か月以上取引がない場合、月500円(税抜)の手数料がかかる

驚異の約定力!ノンスリッページ注文なら全く滑らない!

IG証券でノンスリッページ注文をすれば、滑りません。

本当に取引コストをおさえるためには、取引手数料やスプレッドだけでなく、約定力も重視する必要があります。

約定力が低ければ、意図したレートでポジションを保有することができず、結果的に取引コストがかさんでしまうことがあります。

約定力が高いIG証券は、低コストで取引をしたい人に適しているといえます。

取引数量制限がなく、大口取引に有利

IG証券は、大口取引をするFXトレーダーにやさしく、取引数量に制限がありません。

大口オーダー(101ロット以上)をした場合でも、ドル円なら0.6銭、ユーロドルなら0.6銭、豪ドル円なら0.9銭となっており、大口トレーダーでも取引コストをおさえることができます。

スプレッドが業界最狭水準

IG証券は、取引コストが低いことも特徴の一つです。

取引手数料は無料のFX会社が多いので、スプレッドは実質的な取引コストになります。

スプレッドが狭ければ、その分取引コストがをおさえることができるので、短期トレードなど売買回数が多くなる場合には、スプレッドが安い会社を選ぶようにしましょう。

IG証券の場合、米ドル/円で0.2銭であり、業界最狭水準です。

6か月以上取引がない場合、月500円(税抜)の手数料がかかる

入金がない状態で6カ月以上全ての口座にポジションがなく、6カ月以上取引をしていない場合には、月500円(税抜)の口座管理手数料が発生してしまいます。

とりあえず口座だけ開設しておこうと考えている人には向いていないかもしれません。

定期的に取引をする前提で口座開設をするようにしましょう。

<最小取引単位と通貨ペア>

IG証券は、豊富な通貨ペア(97通貨ペア)で10,000通貨単位に対応しています。

取引単位 取引手数料 最大発注量 通貨ペア数
10,000通貨単位 無料 無制限 97通貨ペア

<財務健全性>

自己資本規制比率 625.7%

自己資本規制比率については、金融商品取引法に基づき120%以上となることを義務付けられています。自己資本規制比率は、負債が少なくなれば大きくなります。

 

<スプレッド>

IG証券は業界最狭水準スプレッドなのが大きな特徴です。

IG証券のスプレッドは次のとおりです。

米ドル/円 0.2銭 ユーロ/円 0.5銭 ユーロ/米ドル 0.4ポイント
豪ドル/円 0.7銭

※スプレッドは午前9時~翌午前3時まで原則固定

※相場状況の急変・指標発表時、もしくは早朝やその他の外部要因などにより拡大する場合あり

 

IG証券の代表的なアンケート

ニックネーム:オオマル温泉(男性)様のアンケート結果詳細

メインで利用しているFX会社:IG証券
回答日:1/16/2020 1:03:20
IG証券 総評 80 点
Q.職業を教えてください。 専業トレーダー
Q.FXトレード歴を教えてください。 1年以上2年未満
Q.現在の投資運用資金を教えてください。 1000万円未満
Q.FX口座をいくつお持ちか教えてください。 1000万円未満
Q. 取引している通貨ペアを教えてください。 米ドル/円, ユーロ/円, 豪ドル/円, 英ポンド/円, ユーロ/米ドル, 英ポンド/ドル
Q.トレード手法を教えてください。 デイトレード(数時間~1日程度), スキャルピング(数分~数十分)
Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [スプレッドの大きさ]

(大変満足)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [スプレッドの安定性]

(普通)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [スワップ]

(普通)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [取引ツール(アプリ等含む)]

(大変満足)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [情報量(ニュース)]

(普通)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [通貨ペアの豊富さ]

(大変満足)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [サポート]

(普通)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [キャンペーン]

(普通)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の各項目の満足度を教えてください。 [約定力]

(普通)

Q.回答したメインでお使いのFX会社の総合評価(100点満点)で教えてください。 80 点
Q.回答したメインでお使いのFX会社のメリット(利用する理由)を教えてください。 スプレッドが小さい, 取り扱い通貨が多い, 取引画面が見やすい, 取引ツールが使いやすい, デモトレードができる, PC・スマホ用とも、取引ツールの動作が軽い
Q.回答したメインでお使いのFX会社のデメリット(改善して欲しい点)を教えてください。 取引ツールにRCIがない。PC・スマホ用ともログインがもたつく
Q.回答したメインでお使いのFX会社の特徴やご意見を自由にご記入ください。 取引ツールの色使いきれいでフォントが見やすい。カスタマイズ自由度高い。ブラウザ版なのにヒロセC2やMT4なみに動作軽い。株価指数、商品、債券などいろいろ表示できて良い。
Q.今後、利用してみたいor興味があるFX会社があれば教えてください。 YJFX![外貨ex], GMOクリック証券[FXネオ], ヒロセ通商[LION FX], 日本の証券会社でTrading View対応してほしい

IG証券のアンケート(口コミ)一覧

ニックネーム:T23(男性) 回答日:1/17/2020 0:53:59

総合評価60

メリット :裁量はノックアウトオプションを使用しています
デメリット:取引ツールが使いにくい
自由意見 : 特になし

ニックネーム:オオマル温泉(男性) 回答日:1/16/2020 1:03:20

総合評価80

メリット :スプレッドが小さい, 取り扱い通貨が多い, 取引画面が見やすい, 取引ツールが使いやすい, デモトレードができる, PC・スマホ用とも、取引ツールの動作が軽い
デメリット:取引ツールにRCIがない。PC・スマホ用ともログインがもたつく
自由意見 : 取引ツールの色使いきれいでフォントが見やすい。カスタマイズ自由度高い。ブラウザ版なのにヒロセC2やMT4なみに動作軽い。株価指数、商品、債券などいろいろ表示できて良い。

ニックネーム:タツヤン(男性) 回答日:1/16/2020 0:44:28

総合評価85

メリット :会社の信頼性がある, スプレッドが小さい, 取引画面が見やすい, 取引ツールが使いやすい, 取引ツールが充実している, 証拠金が信託保全されている, スキャルピングができる
デメリット:24時間サポートがない, 口座開設時のキャッシュバックがない, サーバーが重い, ポイント付与がない
自由意見 : 特にないです

ニックネーム:xirossi(男性) 回答日:1/15/2020 23:34:56

総合評価75

メリット :特にない
デメリット:レバレッジを選択できない
自由意見 : 特になし

ニックネーム:uni(男性) 回答日:1/15/2020 22:13:14

総合評価90

メリット :取引ツールが使いやすい, 証拠金が信託保全されている, 全決済ボタンがある, 約定率が高い
デメリット:取り扱い通貨が少ない, ロスカット手数料がかかる, サーバーが重い
自由意見 : 扱いやすい

ニックネーム:かあ(男性) 回答日:1/15/2020 22:39:35

総合評価50

メリット :会社の規模が大きい
デメリット:スプレッドが大きい
自由意見 : 特にない

ニックネーム:あげるちゃん(女性) 回答日:1/20/2020 23:06:54

総合評価100

メリット :約定率が高い
デメリット:特にない
自由意見 : 資金効率の良さと、約定力の高さ

ニックネーム:BrandNew(男性) 回答日:1/19/2020 19:38:26

総合評価75

メリット :会社の知名度がある, レバレッジを選択できる, システムトレード(自動売買)機能がある
デメリット:スプレッドが大きい, 取引画面が見にくい, 24時間サポートがない
自由意見 : ノックアウトオプションを使って少ない証拠金でトレードしているが、スプレッドがもう少し小さくなって欲しい。

ニックネーム:ふみ(女性) 回答日:1/19/2020 10:48:08

総合評価80

メリット :ロスカットの証拠金維持率が低い
デメリット:口座開設時のキャッシュバックがない
自由意見 : 国内会社の方が安心かなぁと



IG証券 現役トレーダー478人中11人のメイン口座として利用 "IG証券"

IG証券は、イギリスのロンドンに本拠地を構え45年以上の歴史をもつIGグループの100%子会社です。100種類以上の通貨がトレード可能で、個別株の差金決済取引は16,000銘柄もあり、幅広い投資商品をそろえています。また、ノースリッページ注文なら滑らないので、約定力を重視するユーザーには最適のFX会社です。

スプレッドの大きさ
71
スプレッドの安定性
73
スワップ
70
取引ツール(アプリ等含む)
73
情報量(ニュース)
73
通貨ペアの豊富さ
81
サポート
71
キャンペーン・特典
66
約定力
80
スプレッドの大きさ
71
スプレッドの安定性
73
スワップ
70
取引ツール(アプリ等含む)
73
情報量(ニュース)
73
通貨ペアの豊富さ
81
サポート
71
キャンペーン・特典
66
約定力
80
取引手数料 スプレッド
(ドル円)
取引通貨単位 通貨ペア サポート体制 キャンペーン・特典
無料 0.2銭 10,000通貨単位 約100通貨 平日18時まで 最大50,000円キャッシュバック
取引手数料 スプレッド
(ドル円)
取引通貨単位
無料 0.2銭 10,000通貨単位
通貨ペア サポート体制 キャンペーン・特典
約100通貨 平日18時まで 最大50,000円キャッシュバック

IG証券を選ぶべきポイント

Point.1
驚異の約定力!ノンスリッページ注文なら全く滑らない!
約定拒否もスリッページもないということで、IG証券では希望した水準より不利なレベルでは約定しません。
Point.2
取引数量制限がなく、大口取引に有利
取引数量制限がないため、大口取引でもスプレッドは抑えることができます。
Point.3
スプレッドが業界最狭水準
IG証券は2019年10にドル円のスプレッドを0.3銭から0.2銭に縮小しています。

IG証券の特徴

・ノックアウトオプションならリスクを限定したトレードが可能
・幅広い投資商品があり、FX取扱銘柄数は100種類以上の通貨がトレード可能
・ノースリッページ注文なら滑らない脅威の約定力
・取引数量に制限がなく、大口オーダーでもスプレッドを大きく抑えられる
・大口顧客にはプレミアムサービスを提供(取引コスト優遇等)